計算ショー

中央省庁が改編されたのが2001年の1月。新しい名前の省庁が発足してもう1年以上たちます。

新しい名前(および略称)というものは却々馴染まないものです。

「文科省」という文字を見るとつい「文化省」の誤りではないかと思ってしまうのですが、これは文部科学省の略です。

また、「国交省」というのは外国と国交を結んだりするところのように思ってしまいますが、それは川口順子(先日までは田中真紀子)が大臣の外務省で、国交省のほうは国土交通省の略。扇千景が大臣です。

コーローショーなどと聞くとてっきり功労賞のことだと思い込んでしまいますが、これは厚生労働省でした。しかし、厚労大臣の坂口のじいさんの顔を思い出すと、やっぱり「功労賞」のほうが合っているような気もするのですが・・・(ただし、あくまで顔に合っているだけで、功績が上がっているという意味ではありません)。

竹中ケーザイ担当相って経済だけ担当しているのかと思ったら、経済財政担当だったんですね。

それからケーサンショーって、暗算の名人が出てきて皆の前で10桁同士の掛け算を(もちろん暗算で)やって見せるのかと思いましたが、実は経済産業省でした。ああ、ややこしい。

しかし、ややこしいのは新しい省庁だけの話ではありません。昔の省庁の名前にも農水省とか通産省といったように常に略して使われるものがありました。
農水省は「脳水晶」か?通産省は「通算賞」か?などと悩まないのは、もはや耳に馴染んでいるからでしょうね。

農水省は私の幼少時には確か農林省だったはずですが、いつの間にか水産業が加わって農林水産省になりました。最近では農林水産省とか通商産業省などとフルネームで呼ぶ人は皆無です。
国交省や経産省もいずれそういう風に皆の目や耳に馴染んで行くものなのでしょう。

話は変わりますが、日経新聞は日本経済新聞の略です。これは誰でも知っているでしょう。
では、サンケイ新聞が産経新聞で、もともとは産業経済新聞だったということを、果たして若い人たちは知っているでしょうか?

東レとかトーメンとか、東急とか阪急みたいに、略称を正式名称に変えてしまった会社もたくさんあります。電通なんて、もともとは日本電報通信社だったそうです。

略語というものは一旦定着してしまうと大変強いものです。それが証拠に今や「中退」「学割」を「中途退学」「学生割引」と言う人はいません。

省庁の略称名もそのうちに見ても聞いても自然なものになって、正式名称が何であったかも思い出せなくなってしまうのでしょう。

そして、きっとその頃にはこの文章が大変懐かしいものになっているでしょう。でも、それはこれらの省庁がちゃんと機能していた場合のことで、ひょっとするともう一度再編が行われていて、こんな名前の役所はなくなっていたりして。

東レはもともと東洋レーヨンでした。今では炭素繊維をはじめもっと広い範囲の業況になっているので、レーヨンが社名につくのは違和感があります。だから正式社名が変わっているのです。

名前は本来実態を表わすものです。実態が先で名前が後です。省庁の名前だけ変えてみても仕事ぶりが変わる訳ではありません。もちろん大臣を替えても(それだけでは)役所の中身は変わらないでしょう。

Copyright©yama-a Mar.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ