英語にエイあり、日本語にエイなし

新聞やテレビで日本語を表記する場合、例えば常用漢字表にない字は使用しないなど、いろいろな制約や決めごとがあります。

先日テレビを見ていて驚いたのは「メーン」という表記に出くわしたからです。

「メーン」って何ですか? 英語の綴りは main ですよ。剣道の面を打つときの掛け声じゃあるまいし。それを言うなら「メイン」でしょ?

発音だって [mein] ですよ。

などと思っていてふと気がついたのですが、しかし straight はストレートだし、data はデータ、cable はケーブルです。

それでも私は main はメインでないと気持ちが悪いのですが、逆にストレートがストレイトでは何か違和感があります。それは何故かと言えば、ストレート、データ、ケーブルなどの表現は昔から見慣れているからという、ただそれだけのことなのです。

どうやら昔は英語の [ei] という発音を全て「ー」で表していたみたいです。

色々と調べてみると、長音の記号「ー」は古来の日本語にはなかったらしいのです。それが明治33年の小学校令改定によって、長音に棒を引く「字音棒引き」が教科書に採用されたのだそうです。

つまり、カタカナで書くときには「先生」は「センセー」、「生徒」は「セート」としましょう、ということになった訳です。ところが、この取り決めが変だったのは、このルールが適用されるのは漢語・音読みのものだけで、やまと言葉・訓読みの場合は従来の仮名遣いをしなければなりません。

つまり、「そういうこと」は「ソーユーコト」ではなく「サウイフコト」、「今日」は「キョー」ではなく「ケフ」なのです。

そんなややこしいルールが浸透するはずがなく結局廃れてしまいました。

そもそも明治時代には漢字を廃止しようという運動が盛んで、そのために仮名による表記方法を一生懸命考えていたみたいです。

日本人は外国の圧倒的な優位性を目の当たりにすると、それまでの日本を全否定してしまうような傾向があるようです。明治時代の漢字廃止運動はその典型です。第2次世界大戦後に文豪・志賀直哉が「日本の公用語をフランス語にしよう」と大真面目に提言したのも有名な話です。

今ではカタカナは漢字を廃止するための道具ではなく、主に外来語や擬音語・擬声語を表記するためのものです。
ここで話は元に戻りますが、straight をストレートと書くのは、この「字音棒引き」の名残なのだと思います。

しかし、英語の発音にはエーという長音はありません(ドイツ語にはあります。そしてオウ・オーについては英語には両方あります)。そして、それと対照的に日本語にはエイという2重母音はないのです。
我々は「ケイコ」(稽古)、「セイセイカツ」(性生活)、「テイメイ」(低迷)などと書きますが、口に出して言うと「ケーコ」「セーセーカツ」「テーメー」になってしまいます。

日本語には2重母音オウもありません。「王様」はオーサマ、「どうしよう」はドーシヨーと発音しています。
そのくせ、書くときは「エイ」「オウ」になるのです。

いやいや、「エイ」「オウ」だけでなく、日本語にはそもそも2重母音というものがないのです。「愛」とか「姪」とか見かけは2重母音に見えてもそれはたまたま母音が2つ続いただけのことで、決して英語の2重母音のように一息にメリハリつけて発音するものではないのです。

だから明治の「字音棒引き」は発音を正しく表したものでした。ただし、それは日本語の発音を正しく表したものであって、それを英語に適用したものだから straight が「ストレート」になってしまってややこしいのです。

できればもっと straight に音を写してほしいものです。

[ このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Mar.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ