偉い夫婦の会話

以前にも書いたようにウチは「東西出会い婚」です。したがって夫婦の間に言葉の障壁が横たわっているのです。

先日、激しく雨が降っている日の夜、外を見ながら私が「えらい雨やな」とつぶやいた時、キッチンで洗い物をしていた妻はこう言いました。

「えっ、何がダメなの?」

人間は音を明瞭に識別できなかった時、イントネーションやアクセントを頼りに推測するみたいです。つまり、大阪弁の「雨」は東京弁の「ダメ」と同じイントネーションだったという訳です。

ところで、この「えらい雨やな」というような場合の「えらい」は関東ではあまり使われません。もちろん全く使われない訳ではないので、意味は通じます。

私が「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ」と言ったら妻は「誰が偉いの?」と聞くかといえば、そうではありません。ただし、東京では「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ」は普通「大変、大変」(あるいは「てーへんだ、てーへんだ」)、「えらい雨」は普通「すごい雨」(あるいは「すっげー雨」)と言います。

一方、副詞的に用いられる「えらい」のほうはあまり抵抗なく使われているようで、「えらい(えらく)長い間」などという表現は東京でも耳にします。この場合は江戸弁に訛ると「えれー」あるいは「えっれー」となります。

ただ、大阪弁の「えらい」にはもっと微妙なニュアンスを伝える働きがあります。例えば、

「毎日やってたら、えらいもんで慣れてきてなあ」
「まだまだ若いと思てたけど、えらいもんで足がもつれてきてなあ」
「父親みたいにはできんやろと思とったら、えらいもんで、蛙の子は蛙やなあ」

電車の中で見知らぬおばさんがこういうやり取りをしているのを聞いて、妻は実際「誰が偉いの?」と私に聞きました。
その時の会話は「あ、えらいもんで、もう着いてもうたで」でした。

この「えらいもんで」を説明するのは大変難しいです。端的に言えば意外性を表す表現なのですが、意外であればいつでも使えるのではなく、自分が何かを過小評価していた時に口をついて出る表現なのです。

「ちりも積もれば山となるなあ」「時の経過は侮れないあ」「世の中うまくできたもんだなあ」という感慨を伝えるために、関西人は「えらいもんで」という挿入句を持ち出すのです。

ウチの夫婦も最初は言葉が通じなくてえらい苦労しましたが、えらいもんで、だいぶ解るようになりました。

Copyright©yama-a Apr.2002mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ