通勤途上にて

駅のホームで電車を待っていると、「白線の内側にお下がりください」というアナウンスが入りますよね。

あれ聞くとこんがらがりません?
私はいつも右往左往してしまいます。「白線の内側」ってどっちですか?

「内側・外側」というのは普通「閉じた空間」に使われる表現です。でもホームの白線はホームに沿った1本の線です。線の両側はホームの端でプツンと切れてます。どっちが内側も外側もあったもんじゃありません。

駅のホームの構造には2種類あって、ホームが1つしかなくてその両外を電車が行き交う「中の島型ホーム」と、上り下りの2組の線路をはさんで2つのホームが対峙する「両岸型ホーム」です。

中の島型ホームの場合は確かに「白線の内側」は下がるべき方向を表わしているようにも思えますが、両岸型ホームの場合「白線の内側」とはひょっとしたら線路の中だとは思いませんか?

私が思うに、一番正しい表現は「白線の後方にお下がりください」ではないでしょうか。電車を待つときには、まあ、線路のほうを向いて立っているのが普通なので、「白線の後方」と言えばそれで通じると思います。

もしかして線路に背を向けて電車を待っているヘソマガリがいるかもしれません。そういう人が「白線の後方」に下がると確実に電車に巻き込まれて怪我をするか死ぬかするでしょうが、多分裁判になっても電鉄会社が勝つのではないでしょうか。

電車に乗ってしまうと今度は「携帯電話のご使用はお控えください」というアナウンスが入りますよね。

あれ聞くとこんがらがりません?
私はいつも右往左往してしまいます。「携帯電話のご使用」って何ですか?

最近の携帯電話は多機能化が大変進んでいて、「使用」と言っても「電話をかける・受ける」だけではありません。

メールのやり取り、iモードのサイトを見るなどといった「通信」だけではなく、伝言メモを聞く、メールの原稿を書く、電話帳に登録する、履歴を見る・削除するなどといった携帯電話に付属する機能の使用。さらに、カレンダーや時計を見る、電卓を使う、ゲームをするなど、一口に「携帯電話の使用」と言っても、一体私たちはどこまで控えれば良いのでしょうか?

でも、よく聞いていると、携帯電話についてのアナウンスは電鉄会社によって、時間帯によって、あるいは車掌によってかなり違っています。私が今まで聞いた中でいちばん丁寧だったのは、

  1. まず、「他のお客様のご迷惑になりますので」
  2. 「携帯電話でのご通話はお控えください」と言う。
  3. 続けて「混雑時には」と条件を限定しておいて、
  4. 「ペースメーカー等への影響がありますので」
  5. 「携帯電話の電源をお切りいただきますよう」お願いする。

つまり、とりあえず2)によって禁じているのは「通話」だけであって、その他の「使用」は認めている。
その理由は1)にあるように、要するに「うるさいから」である。
ただし、3)によって「混雑時」には、通話以外の使用もダメで電源を切れと言う(5)。
その理由は4)で言っているように主に「ペースメーカーへの影響」である。

私はこのアナウンスを聞いた時に心に青空が浮かびました。なんと論理的で漏れのない指示でしょうか!

そして思いました。この車掌さんはきっと私と同じようなタイプで、多分「白線の内側にお下がりください」というアナウンスを聞いて、ホームで右往左往しているのだろうな、と。

Copyright©yama-a Apr.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ