街に溢れる韻(押韻講座3)

以前このエッセイ欄で押韻講座の1を書きました。

大半の人はお気づきだと思うのですが、私のサイトの名前 wise word web も頭韻を踏んでいます。おまけにこれは worldwide web(www) に掛けてあります(もうひとつ言えば、wise word は Y's word に通じています)。サブタイトルの yama_eigh's phrase のほうは脚韻です(脚韻の定義については「押韻講座2」を参照)。

以前のサイト名 Yama-a Alleyway (やまえー横丁)も脚韻を踏んでましたが、イマイチだったので変更した次第です。

街には結構韻が溢れています。英語の歌詞で韻が見られるのは当たり前のことですが、最近はラップ系を中心に、日本語で韻を踏んでいるケースも少なくありません。

今人気絶頂の KICK THE CAN CREW はグループ名からして綺麗なk音の頭韻です。「缶蹴り団」とでも訳しますか。KICK THE CAN を翻訳した「缶蹴り」までkで韻が揃っているところが良いですね(もっとも「缶」はポルトガル語に漢字を当てたのが始まりだそうですが)。歌詞に韻が満載なのは言うまでもありませんが、とりわけ私は「CAN CREW 」に「勘狂う」を掛けてあるのがお気に入りです。

他の歌では、意識してやったかどうかは知りませんが、大ヒットになった「おさかな天国」の「さかなさかなさかな」「あたまあたまあたま」「からだからだからだ」が、日本では珍しいア段(a音)の母音韻になっています。

映画では今盛んに予告編をやっている "I am Sam" というのがとても単純な脚韻です。日本語吹き替え版が公開されている "THE BEAUTY AND THE BEAST"(美女と野獣)というのも頭韻を踏んでいます。

小説ではフィリップ・ロスの「素晴らしいアメリカ野球」の冒頭で、語り部である新聞記者スミティが何ページにも渡って偏執的に頭韻を踏み続けるのが有名でしょう(これをまたひとつひとつ日本語の頭韻に置き換えて訳した中野好夫もすごいけど)。

文学作品ばかりでなく、英語では日常会話から韻に溢れています。特に対になった表現には頭韻を踏んだものが大変多く認められます。

前にも書いた rock'n'roll とか、time and tide とか、drag and drop とか、ハロウィンの時に言う "Trick or treat" とか…。lean and mean などという脚韻のバターンや、down and out などという母音韻のパターンもあります。

諺などでも A friend in need is a friend indeed(脚韻)とか Curiosity killed the cat(3箇所の頭韻)などは、韻を踏むことによってキリッと締まった表現に仕上がっています。

中には cool as a cucumber (「あくまで冷静」の意)などという訳のわからない表現があったりするのですが、村上春樹はこれを平然と「キュウリのようにクール」と訳していて、全く人を喰った面白い訳だと思います。

昔、山城新伍が司会をしていた言葉遊びの番組があって、その冒頭で彼はいつも「ことばは文化です」と言ってました。

私は今、この言葉を深く噛み締めながら、日米を問わず、世の中にもっと韻が溢れてくることを願って止みません。

Copyright©yama-a Apr.2002mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ