顔文字は誰の顔?

顔文字というものがあります。

今さら例を挙げるまでもありませんが、
こういう奴 ヽ(^o^)丿 とか、
こういう奴 (ToT)/~~~ とか、
こういう奴 (-_-;) とか、他にも山ほどあります。

アメリカにも同じようにあって、
例えばこういう奴 :-( とか、
こういう奴 :-P とか、
こういう奴 @@@@@@@:-) です。
解りますか?

さすが横文字だけあって、顔も横向いているのです(ということは、縦書きにしないと解りにくいのですが…)。
最初の :-( は不機嫌で、
2番目の :-P は舌を出していて、
最後の @@@@@@@:-) はマージ・シンプソン(こんな髪型をした、人気アニメ「ザ・シンプソンズ」のお母さん)です。

これらの顔文字を英語ではエモーティコンと言います(発音としてはイモウティカンのほうが近いかな?)

Emoticon = Emotion + Icon、つまり感情を表わすアイコンということです。

日本でも海外でも、何故こんなものが使われるかと言えば、メールにおいては抑揚や表情が伝わらないので、それを補うためのものです。
面と向かって話していると何事もなく意思の疎通が図れるのに、メールにした途端につまらないところに引っ掛かって、下手すると感情的な泥仕合になったりしてしまいます。
これをフレーミング( flaming )と言うようです。まさに炎が燃え上がる訳です。

かく言う私も実はフレーミングというものを身をもって体験しました。

会社にまだPCがあまり普及していなかった時代に、実験的に何人かの社員にノートパソコンが配布され、メーリングリストが作られました。
そのメンバーであった私は、何の件だったか忘れてしまったけれど何かについての議論の渦の中で、私よりはるかに若い社員のメールにエキサイトしてしまって、自分では気づかないうちに彼を罵倒したり挑発したりするメールを連発していました。

結局ひとりの情報システム部員が仲裁に入ってくれて、漸く私も素面に戻った訳です。恥ずかしい体験でした。

で、顔文字というのはそういう事態に陥らないためにあるものだと思います。

怒って言ってるんじゃないよ、笑ってるよ(^_^.) とか、
頭を下げてお願いしますよ m(__)m とか、

そういう風に表情を伝えたり、身振り手振りを補ったり、単にユーモラスで和ませてくれるものまで、色んな顔文字が発明され、使われています。

で、その系統のものに(笑)という奴があります。これは顔文字ではありません。

これはメールとともに始まったものではなくて、昔からある表記でした。 どんな時に使われていたかというと、座談会などの記事の中で、その言葉が笑いながら発せられたということを示すためのものです。

もともと用法は同じだったはずなのですが、最近色々なサイトや掲示板などを見ていて気になるのは、(笑)を「私は笑ってますよ」の意味ではなく、「ここで笑ってください」の意味で使う例が非常に増えていることです。

昔、私の会社に森さんという人がいて、その人は非常につまらない冗談を自ら笑いながら言う人でした。ただでさえネタがつまらないのに、言った本人が先に笑い出してしまうので、聞いたほうはなおさら笑えなくなってしまいます。

最近の(笑)や、そのバリエーションである(爆)などを見ていると、私は森さんを思い出してしまいます。林屋三平じゃあるまいし、ここで笑えったって、その程度の冗談では笑えませんぜ。

私の流儀としては、冗談という奴はできるだけ平然と、そしらぬ顔で言うものだと心がけているので、(笑)や(爆)で「はい、冗談ですよ、笑ってくださいよ」とお知らせするやり方は好きになれません。

顔文字は本来自分の顔の表情を伝えるものです。(笑)も自分が笑っているのなら良いのですが、どうも他人に笑いを強制しているように読み取れてしまうのが気に喰わないのです。

この手の用法の(笑)を見ていると、ついつい私は言いたくなってしまいます。
「もう、いい加減こういう使い方はやめにしませんか(怒)」と。

Copyright©yama-a May.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ