知っている英語しか聞こえない

ニューヨークのケネディ空港に着いて、手続きを終えて空港の外に出てタクシー乗り場に行く。タクシー・ディスパッチャーが聞く。

"Where are you going?"
"Manhattan"

ディスパッチャーの黒人が「マンハッタンまでのタクシー料金は一律です」などと記した注意書きをくれてドアを開けてくれる。

──たったそれだけの会話なのですが、そのとき私に同行していた日本人はディスパッチャーが何を言ったのか、私が何と答えたのか全く解らなかったそうです。

現地人の英語が聞き取れなかったのはともかくとして(特に到着初日は聞き取れないものです)、私の英語まで聞こえなかったとは一体どういうことでしょう?

Manhattanって発音難しいんですよね。断じて「マンハッタン」ではありません。-hat- にアクセントがあるのですが、Man- も -hat- も母音は cat と同じなので、誇張すれば「ミャンヒャッ」という感じ。でも実際に聞こえるのは「メンヘアッ」という感じ。そして、その後は断じて「タン」ではないのです。ここに母音はありません。t と n の音だけがあります。

そして、この語末の t と n の連続をちゃんと発音できるかどうかが英語らしく聞こえるかどうかの別れ道なのです。

以前書いたように語末の n は、ヌと言うつもりで言わない、つまり舌は上あごにしっかりくっついた状態で発音し終わらなければなりません。そして、t も舌が前歯のつけ根にくっつく音なので、ほとんど1つの口の形のまま2つの子音を連続して鳴らすことになります。日本人にとっては母音がないだけでも難しいのに、かなりの荒業になります。

ことばで説明しても解りませんよね。

私がこの単語の発音を憶えたのは、Leon Russel の名作アルバム "Carney" に収められていた "Manhattan Island Serenade" でした。

レオン・ラッセルという人はかなりひどい発音をする人ですが、この単語だけは参考になりました。現地人の発音を聞いて憶えるのがやっぱり一番です。

去年ウディ・アレンの映画「おいしい生活」を見に行ったときは Knock it off! という英語を覚えました。ウディ・アレンが映画の中で連発していたのです。

「やめろ!」「ふざけるなよ!」「おいおい、勘弁してくれよ!」みたいな意味なのですが、私がそれまで憶えていたのは Cut it out! という表現でした(これも同じ意味で使われます)。

この表現は本で憶えたのですが、そのときに Cut it out! の同義語として Cut it off! と Knock it off! が載っていたのを、この映画を見て思い出しました。

これも決してノックイットオフとは聞こえません。まあ、言わばナッケローという感じ。

残念ながらこの映画の中で私が聞き取れたのは、このナッケロー以外には数えるほどしかありませんでした。時々偉そうに英語について書いていますが、私の実力は所詮そんなものなのです。ウディ・アレンの速射砲のようなことばの洪水には私の能力ではとても追いつけないのです。

それでも以前読んで一旦覚えた表現がここでちゃんと聞き取れて、そのことによって多分もう忘れることのない表現になったことを私は喜んでいます。

所詮知っている英語しか聞き取れないものです。読んで憶えて聞いて確認して、知っている英語が増えれば聞き取れる英語も増えます。そしてそのとき聞き取れなかった英語がなんだったのか確認することができれば、その次聞き取れる英語は更に増えているでしょう。

私は決して英語がうまくなりたくて外国の歌を聴いたり映画を見たりしているのではありません。しかし、なかなかどうして、聞いていることの効果は捨てたものではありません。

知っている英語しか聞き取れません。でも、たまたま聞き取れた英語が、新しく「知っている英語」に加わります。そういう風にして、「知っている英語」は少しずつ増えて行くものなのです。

Copyright©yama-a May.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ