「的」の見方

「何々的に」という表現は非常に便利なものですが、最近その適用範囲が広げられて、あまりに安易に使われているような気がします。

例を挙げれば、「わたし的に言えば」とか「気持ち的にはOKなんだけど」とか。

こういう表現が何故しっくり来ないかと言えば、まず「わたし」も「気持ち」もともに「やまと言葉」だからです。「的」という接尾語は、絶対やまと言葉につけてはいけないという訳ではありません(「さみだれ的に」という用例があります)が、漢語につけたほうがより座りが良くなります。

それが証拠に「わたし」を「私」に変えて「私的」とすれば違和感はありません(ただし、この場合はシテキと読むことになり、意味も変わって来ます)。「気持ち的」は気持ちの悪い表現ですが、「気分的」なら気分が悪くなったりはしません。

「的」の働きは名詞を形容動詞化して他の単語と結びつけることです。どういう時に「的」をつけるかというと、

  1. 活用語尾をつけて形容動詞にできるものはそのまま使用する(「的」はつけない)
  2. 活用語尾をつけても形容動詞にならないものには「的」をつけて繋げる

例えば「確実」「自然」「明白」などの名詞は「確実だろう」「自然な」「明白に」などと形容動詞化できるので「的」はつけません。時々「自然的に崩れた」などと言っている人がいますが、それは本来間違いです。「自然に崩れた」で良いのです。

それに対して、「壊滅」「女性」「効果」などの名詞はそのままでは形容動詞にならないので、「壊滅的だろう」「女性的な」「効果的に」と「的」を挟んで形容動詞にします。

「的」の別の用法として、活用語尾をつけずにそのまま他の名詞にくっつけることもできます。

例えば「段階的発展」とか「象徴的事件」とか・・・。

ただし、この場合後に続く名詞は通常漢語です。
高校時代の同級生で、英語の授業中に "modern ships" を「近代的船(きんだいてきふね)」と訳して失笑を買った奴がいたのですが、これは「船」がやまと言葉だから座りが悪いのであって、「近代的船舶」とすればおかしくもなんともありません。

中国語にもよく「的」の字が使われていて、見ているとどうやら単純に「の」に置き換えられるケースが多いみたいです。しかし、日本語の場合は必ずしもそうは行きません。

例えば「日本の建造物」と「日本的建造物」は微妙に違いますし、「詩の表現」と「詩的表現」も違います。

日本語の「・・・的」は、意味の面では「・・・に特有だ」「本当に・・・らしい」「・・・の性質を持っている」「まるで・・・のようだ」ということを表わします。

「日本的建造物」は「日本の伝統に特有な様式を踏まえた建造物」であって、日本国内にある近代西洋的ビルディングは含みません。「詩的表現」は「まるで詩のような表現」であって、それが実際に詩の中で使われているかどうかは関係ありません。「的」の1字で随分と深いニュアンスを表わしている訳です。

最近はびこっている気持ちの悪い「・・・的」の大半は「・・・としては」の代わりに使われるものです。
上の「気持ち的には」もそうですし、「わたし的に言えば」も近いものがあります。他にも「長さ的にはちょうどだけれど幅が足りない」などと言ったりします。

私としては、こういう使い方は大いに気に入りません。

しかし、別の例を挙げれば、「気分的には」と言う表現は単に「気分としては」という意味で、決して「気分に特有な」とか「本当に気分らしい」という意味ではありません。つまり、「気持ち的」も「気分的」も用法としては全く同じなのです。なのに私はこの表現(「気分的」)がちっとも嫌ではありません。

単に気分的なものでしょうか。それとも冒頭で述べたように、「わたし」「気持ち」「長さ」がやまと言葉だからなのでしょうか?

いずれこの辺りをもう少し研究して続きを書きたいと思います。

Copyright©yama-a Jun.2002mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ