キスはご勘弁!

「…の通り」――これをひらがなで書くとどうなりますか?

徹さんや透くんなら間違うはずはありません。幼稚園時代に自分の名前を「とおる」とひらがなで書いていたはずですから。

最近「通り」を「とうり」と書いてしまう人が多いのは「とおる」という名前がはやらなくなってしまったからでしょうか?

通常のIMEでは「とうり」を「通り」に変換してくれないのでそのまま仮名で残ってしまいます。私は会社の文書に「とうり」という表現を発見するたびに、なんだか仕事をする気が失せてしまいます。

会社の会議でよく耳にする表現に「だいがえ」があります。これはどうやら「代替」のことらしいのです。

大学時代にブルジョア経済学を学んだ人ならば、「代替効果」という専門用語を通じて、これが「だいたい」であることは大体知っているはずです。

なぜこれを重箱読みしてしまうのでしょうか?

確かに「代替わり」という表現はあります。これは「だいがわり」と読みます。しかしこれは、例えば「創業者の初代店主が引退して2代目が引き継いだ」というような現象を指す言葉であり、まさに「代」が「替わる」ことです。

「代替」のほうは、ともに「かわる/かわり/かえ」という意味を持つ2つの漢字「代」と「替」を繋げてひとつの単語にしたものであって、構造としては「打撃」とか「変革」と同じです。

まさか「打撃」を「だうち」、「変革」を「へんあらため」とは読まないでしょう?
(でも、悲しいかな、辞書によってはもう「代替え」という単語を掲載してしまっているのですね)

最後にもうひとつ記しておきたい単語があります。――それは、そう、今書いたばかりの「記す」です。

これを「きす」と読む人がいて、oh my God! これもIMEや辞書によっては採用されているのですが、いやはやキスは勘弁してくださいよ!
「記する」(きする)なら問題はないのですが、キスはやっぱりご勘弁です。

この読みについてはここに記すのはやめておきます。読めなかった方はどうかご自分でお調べになってください。

Copyright©yama-a Jun.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ