W3C に告ぐ

今回はちょっと一般的でない題材で、ことばの話と言っても、ハイパーテキスト・マークアップ言語の話です。
ここまで読んで「何のことだかさっぱり解らない」という方、申し訳ないですが、今回はこれ以上読んでももっと解らないと思います。あしからずご了承ください。

以前書いたように、私はホームページ作成ソフトを使用せずに、手書きでタグつき文書を構築しています。もっとも、いちいちタグを記述するのは面倒なので、定型タグ挿入ができるフリーウェアを使用してはおりますが…。

加えて、Webページを作る上ではできるだけ W3C の勧告に従った上で、フル・アクセシビリティを考慮に入れてやっているつもりです。

多分私と同じようなことを考えながら Webページを作っている方は他にもいらっしゃるでしょう。しかし、そういう方ならお気づきでしょうが、そこには障害が山のようにあるのです。

まず、できるならば Strict DTD を使用したいのですが、私の場合はフレームを使用している(註)ので、必然的に Frameset DTD になってしまいます。「HTMLは本来コンテクストを記述するためのもの」という原点に立ち戻るのは良いのですが、私のようなフレームで構成したWebページは将来的には許されない存在なのでしょうか?

z-index を使ってオブジェクトを多層化することは可能ですが、これはとんでもなく面倒な作業であるし、ファイルも重くなってしまいます。

世の中にフレームを使用したWebページは星の数ほどあります。これが W3C の「理念」によって、果たして将来的には皆無になると考えられるのでしょうか?――とんでもない!と私は思います。

さらに、もう一点。私はできる限り拡張タグは使わずに、style については css に記述するようにしています。しかし、NN ではこの css に関するバグが非常に多いのです。
HTML においてはネットスケープ社のほうが本家本元であるはずなのに何故こんなことになるのでしょう?

フォントや色に関しては思い通りにならないことが頻繁です。css の URL を相対パスで記述してある場合、往々にして css 自体を読みに行こうとして "404 Not Found" になってしまいます。

私は、opera まで面倒見るかどうかはともかくとして、少なくとも IE と NN の比較的新しいバージョンについてはフル・アクセシビリティを達成すべきであると考えています。

ところが、JavaScript にしても、両者で共通に動作するものは極めて少数なのです。
世の中には IE で読めても NN では表示しないページが五万とあります。

私は、曲がりなりにも W3C の勧告を尊重してWebページをしこしこ構築していますが、世間の大半の人は何も考えずに市販のホームページ作成ソフトを利用しています。そういうアプリケーションで作ったページのソースを見たことがありますか? と無駄が多くてゴテゴテと入り組んだ構造になっているかご存知でしょうか? 拡張タグなんて当たり前ですよ。

こういう状況にあって、W3C の理念だけで HTML を整理して行こうという試みには無理があるように思います。

「理念が現象に負けてしまう」ということはよくあります。そして、W3Cさん、必ずしも「理念は現象より正しい」とは限らないのです。私もいつまであなたの味方でいられるのか定かではないような気がします。

註:2003年3月にフレームを使うのをやめました(検索エンジン対策です)。

【後記】今読み返すと、さすがに隔世の感がありますね(笑 2014年6月)

Copyright©yama-a Jun.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ