ラテ欄の職人芸

今回はちょっとだけ「業界」の話です。

私たちテレビの人間は新聞のラテ欄の表記に日夜心血を注いでいます。ここに何を書くかが、視聴者が見る気になるかどうかの分かれ目になるからです。

これを考えるのは番組の制作スタッフ(プロデューサやディレクター、多くの場合はアシスタント・ディレクター)の仕事なのですが、何かと制約があるのです。

まず、ラテ欄とはいえ、基本的に新聞の一部なので、編集権は我々にはなく新聞社のほうにあります。使えない文字もあれば、慣例として許されていない表現もあります。新聞社のほうで勝手に書き換えたりはしないまでも、我々が好き放題の文案を書いて出しても改稿を要求されることがあるのです。

で、いろいろある制約の中で、最も直接的なのが字数です。
近くに全国紙の朝刊があれば手にとって見てみてください。

ひとつのチャンネルに対して全角で12文字分の幅がとってあるはずです。

初めの2字分は番組の内容説明には使いません。左端の全角1字は時刻の表示です。7:00開始ならば「00」、7:54開始なら「54」と書いてあるはずです。
何時台なのか判りにくい場合は、全角2字分を使って「9.15」などと書いてあるはずです。これは9:15始まりを意味します。10:15の場合も「10.15」を全角2字の幅に圧縮して書いてあるはずです。

時刻が1字分で表記できた場合は、左から2字目は空欄になります。従って番組の内容説明に使えるのは全角10文字分(×行数)ということになります。

従って、我々は、新番組のタイトルを考えるとき、新聞のラテ欄の1行に収まるかどうか、つまり10文字以内かどうかということを意識したりするのです。

ただし、番組には表示すべき情報が他にもたくさんあります。
例えば、新番組であるとか最終回であるとか、ステレオ放送、2ヶ国語放送、字幕つき、手話つき等々。新聞社はこれらを一目でわかるマークで表現しています。たいていは角囲み文字で「新」「終」「S」「二」「字」「手」などと。
これらは各番組の先頭行の2文字目以降に表記します。

だから、もしある番組がステレオ放送の字幕・手話つき番組で、今回が初回であって、しかも時刻表記に2文字必要なケースでは、「6.55S字手新」と全角で6文字分を費やすことが必要になってきて、先頭行は残り6文字しか残らないことになります。

ところで、幅(1行の文字数)のことばかり書いてきましたが、今度は行数です。

いわゆるゴールデン・タイムの時間帯は1時間につき6行分のスペースが取れます。通常54分番組+6分のミニ枠という形が多いので、この場合は最後の1行をミニ枠が占めます(ただし、ニュースや天気予報の場合は「N」「天」などの1字分の記号で済む場合もあります)。

残り5行のうち頭の1行が番組タイトル、残り4行がサブタイトルや出演者名ということになります。この4行に何を書くかが勝負なのです。

出演者を何人目まで書くか、脚本家や演出者名を入れたほうが効果的なのかそうでないのか、サブタイトルは簡潔にするのか長い長い説明文を費やすのか、タイトルをちょうど10文字にするために「!」などの記号を挟むのかどうか、あるいは、内容説明に割くスペースを増やすために正式タイトルではなく略称(「めちゃイケ」とか「こち亀」とか)で表記するか、等々。

逆に「スーパーからくりTV」とちゃんと10文字で収まっているのに、わざわざ「さんまのスーパーから(改行)くりTV」とするようなケースもあります。これは1行に収めることよりも明石家さんまの名前を出す効果のほうを重く見たためです。

当然2時間枠なら12行分確保できるので選択肢は広がります。
しかし、逆に早朝や深夜の場合は1時間当たりの行数自体が少なくなってしまいます。1時間で3行であったり、下手すると2時間で3行であったりします。このような時間帯では、かわいそうに、ひとつの番組の持ち分がわずか3文字とか5文字しかないのです。

我々はこのようにして、限られたスペースにできるだけ魅力的な番組情報を詰め込もうと躍起になっている訳です。

ところで、字数制限と格闘する番組欄担当者にとって、とんでもなく頭に来るタレントさんがひとりいます。

その人の名はユースケサンタマリア。――何しろこの人、1行10文字分をひとりで使い切ってしまうんですから。

今は良いですが、この人の場合は少しでも人気が落ちてきたら、(たとえ出演はしていても)真っ先に番組欄から消されてしまうのではないでしょうか。
長い名前も考えものです。

【後記】これを書いた当時はユースケサンタマリアさんだったのが、後にユースケ・サンタマリアさんになりました(もはや1行に収まりませんw)

Copyright©yama-a Jul.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ