But I did not shoot no deputy

私は外資系の会社と仕事をすることがあります。

我々と直接話をする「現場」の人たちはほとんどが日本人ですが、彼らの上司である偉い人たちの多くはアメリカ人であり、従って彼らは英語でリポートを上げるようです。

何ヶ月か前のことですが、その会社とうちの会社から何人ずつかが出席して会議をしました。そして、その1週間後にその会議の英文による報告書が回ってきました。

当然、出席者の中に私の名前も書いてあったのですが、役職を見るとなんと、Deputy General Manager となっているではありませんか!
(この当時私は副部長でした)

これはいくらなんでも誤訳です。私はそんなに偉くはありません。General をつけたのが大間違いです。私は決して全般を見渡すような偉い仕事はしていないので、どうしても Manager にしたければ、Trivial Manager とでもするべきでしょう(もちろんこれは冗談ですが)。

彼らはどうもアメリカ人重役に対して「我々は責任のあるポストの人間と交渉している」というアピールをしたいらしくて、それが無意識に私の役職を引き上げてしまったのかもしれません。

ところで、私の名詞の裏面を見ると、私の役職は Assistant Manager になっていました。これはうちの会社の国際部による英訳です。

で、deputy も assistant も ともに「副」を表わす単語ですが、このニュアンスの違いが分からない。

私が deputy という単語で思い出すのは Bob Marley の "I shot the sheriff" の歌詞です。Eric Clapton のバージョンでご存知の方も多いでしょう。ここでは sheriff に対する deputy なので「副保安官」とでも訳せばよいのでしょうが、この deputy という単語は意外に使われる範囲が広くて訳し方が難しいのです。

私が想像するには deputy のほうが assistant より偉いような感じがします。

気になったので会社の国際部のM嬢に問合せてみたところ、「よく分からないのでネイティブに聞いてみる」という返事がまずあって、それから数日して回答がありました。曰く、

「Assistant Manager は Manager になるべく修行中の身で、まだ Manager ほどの重責は負えない。
Deputy Manager は Manager の代理を務められる人物で、Manager が不在の場合は Manager に替わって判断する」とのこと。

やはり、ニュアンスとしては Deputy のほうが偉いようです。

ところで、"I shot the sheriff" のもともとの歌詞は "I shot the police" だったそうです。Bob Marley は「当局の圧力で police を sheriff に書き換えざるを得なかった」と告白しています。
なるほど、だからメロディに乗せると sheriff のアクセントが裏返っている訳です。

Eric Clapton の歌だと思っていた人には解らないかもしれませんが、これはジャマイカという過酷な歴史を持つ国で戦ってきた人間の叫びなのです。

"But I did not shoot no deputy" というジャマイカ英語らしい二重否定には大変強い響きがあります。同じ Bob Marley の "No Woman No Cry" という表現もすごいっすねえ。「女、泣くな!」ですよ。タイトル見ただけで泣けてきます。

ところで、前述のM嬢はこの "No Woman No Cry" を、「世の中に女というものがいなければ泣かずに済むのに」という意味だと思っていたそうです。

どうやらうちの国際部もジャマイカ英語まではカバーしていなかったみたいです。

Copyright©yama-a Aug.2002mark


[追記]

私の会社に部次長という新しい役職ができました。ただ、前からあった副部長という役職もそのまま残ったので、一体どちらのほうが上の役職なのか区別がつかなくなってしまいました。

そんな時に、ふと国際部の作った「英文役職名」というリストを見たら、部次長は Deputy Manager、副部長は Assistant Manager と書いてあって、これならどちらが上かは一目瞭然です。

さてはM嬢が翻訳したな。

Copyright©yama-a Jul.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ