犬や草花の度量

読書の方からメールを頂きました。
曰く、「犬にえさをあげる、草花に水をあげる」という表現はおかしいのではないでしょうか? 気になって仕方がない、とのこと。

これはおっしゃるとおりで、「あげる」は「与える・やる」の謙譲語ですから、上記の表現は本来は誤りということになります。犬や草花に何も敬語を使うことはないでしょう、ということです。

「あげる」は「上げる・揚げる」ですから、下から上に渡すことです。
最近ではあまり例がないでしょうが、私たちの幼少時には兄や姉が着古した衣服をもらって着ることがよくありました。これを私たちは「お下がり」と呼んでいたのですが、ちょうどこれの逆ですね。

この「あげる」は単独で使われるだけでなく、わざわざ謙譲のニュアンスを出すために他の動詞の連用形にくっついたりもします。「申し上げる/差し上げる」などがこの例です。

という訳で、文法的に見れば、相手が自分より上の人間でない限り「あげる」を用いる必要はないのですが、とはいえ、例えばあなたの上司が女性であったとして、彼女があなたに、「これ、お前にやる」と言ったとすればどうでしょう?

腹立ちませんか? 「俺は犬じゃないぞ」と言いたくなりませんか?

敬語(尊敬語・謙譲語・丁寧語)というものは人間関係を和らげるために、あるいは不必要な軋轢を生まないためにも用いられているのです。上の例では上司を女性に設定したのがミソで、まだ今の世の中、男性は多少とも乱暴な言葉遣いでも許されるのに、依然として女性は柔らかい言葉遣いを求められているという社会情勢を反映しています。

そういう訳で、女性に「やる」などと言われるとなんか知らないけど腹が立ったりするのです。

では、犬や草花に対して「やる」ではなく「あげる」を使うのは何故でしょう?
別に犬や草花との関係を和らげるためではありません。
これは犬や草花が単純に可愛かったり、いとおしかったりするからでしょう。その気持ちが自然と謙譲表現を呼び起こしてしまったのです。

ま、確かにつまらない上司よりも犬に対してのほうが、敬語を使いたくなる気持ちが湧くというのも解らないではありません。

しかし、ここまで考えて私は、「随分と面倒臭い世の中になってしまったなあ」という気がしてなりません。

以前一度触れたことがあるのですが、敬語というのは気持ちから入るものではなく、形から入るものです。相手を敬う気持ちがあるから敬語を用いるのではなく、相手が上の立場の人間だから敬語を使うという、ただそれだけのことです。敬語は初対面から使うべきものでものですから、もし相手を敬う気持ちが生まれるとすれば、それは敬語を使う前ではなく、その後のはずです。

いちいち自分が相手をどう思っているかを自問自答して、自分に馬鹿正直に言葉を選ばなければならないほうが、私にとっては面倒臭いことです。

それに、下手に自分の気持ちが出てしまって、上の人に敬語を使わずに話してしまったら、それは取りも直さず「お前なんか尊敬できない」宣言になってしまうのです。

だから、自分の気持ちなんかとは関係なく、社会的な関係だけを見て喋るほうが余程ケガが少ないように思います。

さて結論としては、犬や草花に「あげる」を使う必要はないのですが、まあ、使っても使わなくても別に良いでしょう。

だって、犬や草花は言葉遣いに腹を立てるほど度量が狭くはありませんから。

Copyright©yama-a Aug.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ