おかわりの自由とことばの不自由

先日、昼休みに豚カツ屋に入ったら、「ごはん・キャベツ・味噌汁のほうはおかわり自由となっておりますので」と言われました。

私はこういう時、ついつい「じゃあ、カツ丼を注文して先にごはんだけ食べ尽くしておいて『ごはん、おかわり』と言ったらどうするのかな?」みたいなことを考えてしまうのですが、今日はそういう意地の悪いことを言うのはやめましょう。

そして、「ほう」の用法については以前書いたことがありますので、今回書こうとしているのはその件でもありません。

カチンと来たのは、この「自由」という表現でした。

現代市民社会に生きるひとりとして、私はこんなところに「自由」という表現を用いることが許せません。じゃあナニか、他の店に行ったら私は自由におかわりすることもできないのか?

確かに私は「自らを縛る鎖以外に何も所有していないプロレタリアート」のひとりではありますが、昼飯のおかわりさえままならないような奴隷的な立場にはないと思っています。自由におかわりできる権利くらいなくてどうするのでしょう?

それとも店内のどこかにお櫃(こりゃまた古いか?)が置いてあって、「おかわりしたい人は勝手に行って勝手についで来い」という意味なのでしょうか?

いや、恐らく店員の意味するところは、「追加料金を発生させることなくおかわりの要求に応ずる」ということなのでしょう。ならば「おかわり自由」などと言わず「おかわり無料」と言えば良いではないですか?

いや、待てよ。「おかわり無料です」と言われて、「じゃあ、おかわり」などと言うと、如何にも「ほんとにタダなんですね? タダだったら頼みます」と言っているみたいでしみったれた感じがします。ひょっとしたら客にそういう惨めな思いをさせないために「自由」という表現を使ったのでしょうか?

「ごはん食べ放題」だったらどうでしょう?
これもやや品がないし、「放題」という表現を用いると、どうしても時間と料金を固定してのビュッフェ形式(所謂バイキング)を思い浮かべてしまうのが普通です。

では、こういう場合どういう表現をされたら一番気持ちが良いのでしょうか?
必死になって考えてみたのですが、結論としては以下の台詞が模範解答ではないでしょうか?

「ごはんのおかわり承りますので、おっしゃってください」

非常に丁寧な表現です。
そして、この表現にはおかわりが無料なのか有料なのかについての言及がありません。ただ「承ります」という謙譲語1つが「無料である」というニュアンスを示唆しています。

最初に挙げた例のように「おかわり」を主語にするのでなく、「私が(または店が)承る」という表現にしておいて、しかも主語を省いているところが何とも柔らかい感じがします。日本語というのは本来このような奥ゆかしく含蓄に満ちた言語でした。

ただし、「無料である」と明言した訳ではないので、レジで支払いの段になってから、「おかわりは1万円で承りました」と居直る暴力バーみたいな手法も成立はするんですよね…。

ひょっとすると、日本語の曖昧であるが故の魅力を破壊しているのは暴力商法なのかもしれません。
日本語は年々不自由になって行くような気がします。

Copyright©yama-a Sep.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ