絶不調な造語作業(造語のアート1)

造語は誰でも利用可能なコミュニケーション・ツールです。そして、出来上がった単語が見事な場合は、やがてそれが人口に膾炙することになります。

ところが、どういう訳か、あまり見事でない造語までが完全に定着してしまっているような気がします。

例えば、最近「盛り上がる」の反意語として「盛り下がる」という表現を使います。 「上がる」の反対は「下がる」で良いのですが、「盛り」がそのまま放置されているのが私には気に喰わないのです。

「盛る」は「高く積む」という意味なので、「盛り上がる」なら解りますが「盛り下がる」では自己撞着を起こしてしまいます。

このようにある単語の半分だけを反対の意味に置き換えて、それで反意語が完成したと思っているような例が非常に多いのです。上の例で言えば、例えば「掘り下がる」くらいにしないと完璧な造語とは言えないのではないでしょうか。

「早漏」を基に作った「遅漏」という単語も同じような例です(こういうセックス・ネタが嫌いな人にはごめんなさい)。

「漏れる」というのは単に「出る」ことではなくて、「出てはいけない場所やタイミングや状況で出てしまう」ことです。だからこそ「早漏」という単語は「まだイッてはいけない時にイッてしまう」というニュアンスを見事に表わしているのです。従って、「もうイカなければならないのに却々イクことができない」のであれば「漏」という字を使うのは間違いで、本当なら「遅滞」とか「遅留」とか言うべきではないでしょうか。

奇妙な造語の大半は反意語・対義語作りの失敗です。
反意語や対義語を作るのは実に難しい作業で、単純な置換えで済むものではありません。

例えば「大人(おとな)」の反対は「子供」であって「小人(こびと)」ではありません(ただし、昔は電車の切符売り場に「小人」という表記があったのも事実ですし、孔子の「論語」の中では別の意味で「大人/小人」というペアが使われています)。

「大好き」の反対は「小嫌い」ではなく「大嫌い」です。この場合は単純に両方とも反対の字に置き換えたら意味としては反対にならなかったという例です。

元巨人の中畑選手が作った言葉に「絶不調」というのがあります。これも「絶好調」の「好調」だけを「不調」に置き換えた安易な造語です。ただ、「絶」はこの場合「絶える/途切れる」という意味ではなく、「この上なく」という意味なので、どうやらこれはこれで理屈に合っているみたいです(もっとも、多分これは結果オーライなんでしょうけどね)。

他にも例はたくさんあります。
「鰻上り」の反対に「鰻下がり」と言う人がいます。
コンピュータ関係の書物では、DDRSDRAMの説明で1クロックの後半を「立ち下がり」と称しています。立っているのに下がるのはおかしいと感じないのですかねえ・・・。

反意語を作ったらまず充分に字義を吟味してみるべきでしょう。それは料理の味見みたいなものです。

洋風料理のソースを醤油に変えただけで美味しい和食ができるはずがありません。

Copyright©yama-a Sep.2002

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ