アバウト・ザ・タイトルズ・オブ・ムービーズ

この「ことばのギア、発想のシフト」がまだメルマガになる前に「考えられなかった邦題を考える」というタイトルで一度書いたことがあるのですが、最近洋画の宣伝を見ていてまた腹が立ってきたので再び書くことにしました。

原題をカタカナに置き換えただけの邦題が何と多いことか!

たとえカタカナに置き換えただけであっても意味が解ればいいんです。
でも、「ロード・トゥ・パーディション」て何でしょう?
「インソムニア」って何ですのや?
「セレンディピティ」って何なのか説明してみて?

Pledge を「プレッジ」にしたのは訳しにくかったからでしょう。これは普段から訳しにくい単語です。タイトルとしてしっくり来て、しかもインパクトのある訳語となると却々考えるのが大変です。でも、だからと言って「プレッジ」では大概の日本人には全く意味が通じないのです。

それは「パーディション」でも「インソムニア」でも同じことです。

解らないくらいだったら「インソムニア」より「不眠症」のほうがマシじゃないですか?
あるいは「不眠症」では情緒に欠けるというのであれば、「眠れぬ夜の闇」とか「奪われた夢」とか・・・。
それが良いかどうかはともかくとして、昔は皆そういう風に知恵を絞って邦題をつけていたものです。

カタカナに置き換えるのは、意味が解る簡単な単語の時だけにしてほしいものです。

カタカナに置き換えてしまうことによって、意味が解らなくなることだってあります。
カタカナには L と R の区別がないのです。TH はサ行やザ行になってしまいます。
長音と2重母音を同一表記してしまうこともあります。

「ホワット・ライズ・ビニース」は英語が思い浮かぶまでかなり時間がかかりました。
The Lord of the Rings ならスッと意味が通るのに、カタカナで書かれると Lord なのか road なのかが解らない。これなんか名高い原作があるのだから「指輪物語」ではどうしてダメなのでしょうか? ring にだってたくさん意味があるわけだし、「指輪物語」のほうが余程分かりやすいと思うのですが・・・。

カタカナのほうがカッコイイ?
でも意味が通じなくても良いのでしょうか?

配給会社の宣伝マンの弁としてこんな記事を読んだことがあります。
曰く、「アメリカのほうが日本より封切りが早いので、日本で公開するときには既に原題が定着してしまっているので、そのままカタカナのタイトルをつけることが多い」と。

これ、負け惜しみのこじつけで言っているなら良いのですが、本気で言っているとしたらとんでもないことです。

「原題が定着してしまっている」のは狭い映画業界の中だけのことです。一般の観客は新聞広告やTVでのスポットを見て初めてその映画を知るのです。何が定着してしまっているものですか! もっと言うなら「定着してしまっている」のはあんたの石頭の中だけでの現象でしょうが!

もちろん、普段から映画雑誌で情報収集に余念がない熱心な洋画ファンもいることでしょう。いや、一般の人だって、アカデミー賞の発表会をTVで見て先に知ってしまうこともあるかもしれません。

だったら、そういう人たちが「なるほど、あの原題がこういう邦題になったか!」と感心するようなタイトルをつけてみろってもんです。

一事が万事とは言いません。中にはよく考えた邦題もあります。
「エイリアン」みたいにカタカナに置き換えたものがそのまま日本語として定着してしまうケースもあります。

でも、安易にカタカナ化するのはやはり怠慢ではないでしょうか?

「アバウト・ア・ボーイ」って、意味は解るけど、この間抜けなタイトル何とかなりませんかねえ?

Copyright©yama-a Sep.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ

[追記]

三宮の映画館の前を歩いていたら、家族連れの会話が聞こえてきました。

女の子がお母さんに向かって、「アバウト・ア・ボーイっていい加減な少年っていう意味やねん」。

ね、こんなこともあるわけだから、ちゃんとした邦題をつけましょうよ。


[追々記]

2002年12月2日付けの朝日新聞・朝刊「天声人語」が同じ趣旨のことを書いてくれました。
例に引かれているのは私と同じ「ロード・トゥ・パーディション」と「セレンディピティ」でした。

天声人語の分析によると、「カタカナの題名がふえていくのは、アメリカ映画が勢いを増し、ヨーロッパ映画が後退していく時期と重なっている」とのことです。確かにフランス語やドイツ語をそのままタイトルにするわけには行かない気はします。

「日本語の力の衰えを映しているのか。それとも、日本語をつかう能力が衰えたということか」という表現で文章が終えられていますが、私は「つかう能力が衰えた」と言うより「つかう気力が衰えた」、即ち「怠慢」ではないかと思うのです。