民主主義の原則(造語のアート2)

前々回に続いて造語の話です。

もう随分昔のことになってしまいましたが、ある男性雑誌に篠山紀信という写真家によるグラビア・ページがあって、これが大評判になりました。この際に作られたのが「紀信激写」というコーナー・タイトルでした。

「激」という字が雰囲気を巧く表現しているなあと私は思っていたのですが、当時「激しく撮ったのでは手ブレを起こしてちゃんと写らないのではないか」と大真面目に批判している人がいたのも確かです。

結局、この「激写」という言葉は篠山紀信の名声とともに完全に定着してしまい、その後、週刊誌の見出しなどで何でもかんでも「激」をつけるのがはやりました。「議論」は「激論」になり、「告白」は「激白」へとエスカレートして行きました。

数年前にもこれと同じように、やたらと「超」をつけるのが大流行しましたが、「超」の場合は完全な接頭語であったのに対して、「激」は既存の単語の1文字と入れ替わったというところに特徴があります。

同じような例に「爆睡」があります。

「激」の諸例と違って、私はこの「爆睡」にはどうしても馴染めません。初めて耳にしてからもう10年以上経っているのに、未だに自分で使ってみようという気にならないのです。

前述の「激写」に対する批判と全く同じになってしまうのですが、私に言わせれば「爆発なんかするとおちおち寝てはいられない」という気がします。これが「爆起」ならまだ解るのですが、どうも「爆」という字と「睡」という字では相性が悪すぎるような気がするのです。

想像ですが、「激写」のほうは多分、グラビア・コーナーを始めるに当たってゼロから作り上げた言葉であるのに対して、「爆睡」のほうは、単に「爆笑」の「笑」を「睡」に入れ替えただけの安易な造語ではないかと思うのです。

しつこいようですが、私には「爆発するように笑う」ことはできても「爆発的に眠る」ことはできないように思います。

で、さっきからこんなことを書きながら、非常にショックを受けていることがひとつあって、「激写」も「激白」も「爆睡」も一発変換で出るんですよね。

どうやらこの件はいずれ私の負けになりそうです。ことばはいつも多勢に無勢、いやいや民主主義の原則に則っているのです。

Copyright©yama-a Oct.2002


[追記]

そういう事件がいっぱい起きるからなのでしょうが、最近「買春」という造語をよく耳にします。 これはどうも気に入りません。良いとか悪いとかの問題ではなく、ことばのセンスの問題なのです。

「売春」は売るほうだから買うほうを「買春」にしようというのは当たり前の発想です。ところが、悲しいかな、「売」も「買」も音読みはバイだから区別がつかない──ならば、こっちは「カイシュン」と読ませよう──というのが浅はかな魂胆だと言うのです。このアンバランスが気にならないのでしょうか!?

baishun と kaishun で韻の踏み方としては完璧だと言われればそれだけは認めますが、「売」は音読みで「買」は訓読みというのは何とも気持ちが悪くないですか?

「売春」と「買春」できれいに対を成しているのに読み方のパターンが違うなんて! それではせっかく作ったシンメトリーが壊れてしまいます。

カイシュンに合せて「売春」をウリシュンと読ませるのならまだ評価はできます。ただし、この場合の問題点は2つ。1)湯桶読みであること。2)送り仮名なしでは読みにくいこと(本来なら「売り春/買い春」でしょう)。

そう、つまりこういうことなんです。知らない人が「買春」という文字を見て「カイシュン」と読めるか? そこがこの造語のセンスの悪さなんです。

「買春」という造語によって、売るほうと買うほうをひとまとめにして「売買春」と言うことができます。これはこの造語の派生的なメリットです。

英語には rent という単語があって「貸す/借りる」両方の意味がありますが、文脈を見れば凡そ意味を取り違えずに理解できます。それを思えば「売春/買春」だって同じ発音で良いではないかと思うのです。なぜカイシュンなどという不細工な読みをつけるのでしょう?

どうしても耳で区別できないとまずいのであれば、私なら「購春」にしますね。

コウシュンは耳で聞いて字が浮びにくいかもしれませんが、同音異義語が存在しないので一旦定着すれば判りやすい単語になると思います。

普段から言葉の変遷に対してはおおらかに構えているつもりで、あれは間違いだとかそれは使ってはならないなんて言わないようにしています。
今回も間違いだとか使うなとか言うつもりはありません。しかし、センス悪いなあと思いませんか?

Copyright©yama-a Jul.2003mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ