あなたはコンピュータ派?

あなたは computer をカタカナでどう表記しますか?

私はかつてはコンピューターと書いていましたが、近年はコンピュータと書くようになりました。最近少しずつこの表記方法が優勢になってきたように思います。

動詞の末尾についた -er (または -or )に長音を使わない表記は、他ならぬコンピュータの世界から広がってきたように思います。

例えば最新のマイクロソフトの商品説明には、プリンタ、モニタ、スキャナ、デコーダ、ダイヤラ、コントローラ、スケジューラ、ビューア、アドミニストレータ、バッファ、クラスタ、フォルダ、マネージャ、エクスプローラといった表現が使用されています。

ただし server は未だにサーバーという表記方法を採っています。他の会社の出版物では既にサーバという表記もかなり見られるようになってきているので、いずれマイクロソフトも追随するのではないでしょうか。

他にもヘッダー、フッター、ユーザー、ルーラー、スクリーン・セーバーなど、マイクロソフトの中にも「コンピューター」型表記は残っています。

では、「コンピューター」型と「コンピュータ」型のどちらの表記が正しいかと言えば、そんなことは考えても仕方がありません。そもそも外国語の単語を日本語に置き換えるという行為は日本語にはない音を表記することになるので、厳密に正しい方法などあるはずがないのです。結局は趣味の問題ということになってしまいます。

ただ、そういうことを前提にした上で、私としてどちらがより近いと思っているかと言えば「コンピュータ」のほうです。

辞書を引けば解るように -er (または -or )の発音は末尾に弱い r 音を伴うものの、決して長音ではありません。まして、この部分にアクセントがあるケースはないので、発音はかなり弱くなります。そういうことを考えるとここに長音の棒引きをすることは、元来の英単語の発音やアクセントを見誤らせる恐れがあるのではないかと、そんなことを考えて私は「コンピュータ」型表記を採用することにしたのです。

とは言え、私も依然としてボクシングの選手のことはボクサー、踊り手はダンサー、広告主はスポンサー、間違いについてはエラーと表記しています。シュワちゃんの映画は「ターミネーター」ですし、producer や director については自分で書いていても棒があったりなかったりで少し揺らいでいます。

いつも書いているように、かなり昔から馴染んでしまった表現については却々改めることができないんですね。言葉は無理に統一するものでもないとは思うのですが…。

次回はこの続きについて書きます。

Copyright©yama-a Oct.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ