あなたはメモリ派?

あなたは memory をカタカナでどう表記しますか?

私はかつてはメモリーと書いていましたが、近年はメモリと書くようになりました。最近少しずつこの表記方法が優勢になってきたように思います。

前回はコンピュータ業界から広がってきた「動詞の末尾についた -er (または -or )に長音を使わない表記」について書きましたが、子音+y で終わる名詞や形容詞に長音を使わない表記も、同じくコンピュータの世界から広がってきたように思います。

例えば最新のマイクロソフトの商品説明には、ディレクトリ、プロパティ、セキュリティ、レジストリ、プライマリ、セカンダリ、クエリといった表現が使用されています。

ただし floppy は未だにフロッピーという表記が一般的です。

では、「メモリー」型と「メモリ」型のどちらの表記が正しいかと言えば、そんなことは考えても仕方がありません。そもそも外国語の単語を日本語に置き換えるという行為は日本語にはない音を表記することになるので、厳密に正しい方法などあるはずがないのです。結局は趣味の問題ということになってしまいます。

ただ、そういうことを前提にした上で、私としてどちらがより近いと思っているかと言えば「メモリ」のほうです。

辞書を引けば解るように子音+y の発音は決して長音ではありません。まして、この部分にアクセントがあるケースはないので、発音はかなり弱くなります。そういうことを考えるとここに長音の棒引きをすることは、元来の英単語の発音やアクセントを見誤らせる恐れがあるのではないかと、そんなことを考えて私は「メモリ」型表記を採用することにしたのです。

だから私はコンピュータ用語以外でもパーティとかパンティとかメロディとか、そういう風に表記するように努めています。

それから、これは前回書けば良かったのかもしれませんが、末尾の -er(または -or )と同様に、語中の「曖昧母音(短母音)+弱い r 音」の発音部分についても、私は棒引きをしないように心懸けています。

例えば、modern, pattern, Saturn はそれぞれモダン、パタン、サタンと書くようにしてます。これは、モダーン、パターン、サターンと書くことによって原語のアクセントの位置を見誤らせる恐れがあるからです。これら3つの単語は全て第1音節にアクセントがあります。長音にしてしまうとどうしてもそこにアクセントがあるような錯覚をしてしまうのです。

とは言え、pattern については、自分で書いてみて「パタンでは読者が解らないかなあ」という気がしてパターンに書き直してみる時もあったりして、我ながらまだ揺らいでいます。

子音+y についても policy はポリシー、privacy はプライバシー、family はファミリー、harmony はハーモニーと、自分で書いてみると圧倒的に棒を引いてしまうケースが多いようです。

私自身がいつも言っているように、かなり昔から馴染んでしまった表現については却々改めることができないんですね。言葉は無理に統一するものでもないとは思うのですが…。

でも、時にこういうことを考えてみることは、英語の発音の改善になるような気がしています。
全ての上達は考えることから始まるのではないでしょうか?

Copyright©yama-a Oct.2002mark

[ その後の関連記事を読む]

目次へ 次号へ 前号へ