「海辺のカフカ」の不可解な日本語

村上春樹の『海辺のカフカ』については私なりの書評を bk1 に投稿しました。ただ、「『海辺のカフカ』刊行記念書評コンテスト」に応募するために600字以内にする必要があったので、そこで書ききれなかったことの1つを今回この欄を借りて書くことにします。

村上春樹の文体は翻訳調であると言われています。これはもう私なんぞが指摘する必要もないことです。

例えば「海辺のカフカ」で最初に書かれている文字は「カラスと呼ばれる少年」(上巻、3ページ)です。この表現はもちろん今や日本語としておかしくもない表現ではありますが、読んでいて the boy called Crow という英語が透けて見える翻訳調の日本語です。

しかも、物語の終盤で「カフカ」がチェコ語で「カラス」という意味だということが語られて、この時点で「カラスと呼ばれる少年=主人公の田村カフカ」という構図(つまり、カラスと呼ばれる少年は主人公の分身、心の声であるということ)が明らかにされるあたりは真に手の込んだ細工であると思います。

話を元に戻すと、村上春樹の小説を読んでいると、「これはもともと英語で書いてあった文章を直訳したのではないか」というような表現に出くわすことが珍しくありません。

例えば「キュウリのごとくクールに」。これは他の作品の中にも出てきますが、「海辺のカフカ」においては下巻の187ページに登場しています。

(as) cool as a cucumber というのは英語においては慣用句というよりは常套句であり、辞書を引けば「落ち着き払って、あくまで冷静に」とあります。何故 cucumber なのかは私には解りません。多分「サヨナラ三角」みたいな単なる語呂合わせに過ぎないのではないかと思うのですが、日本語で「キュウリのごとくクールに」と書かれると妙にキュウリが引っかかるのです。

しかし、欧米人にとってはあまりに見慣れた表現であるがゆえに、何故 cucumber なのかと考えるどころかむしろ色褪せた表現に見えるのではないでしょうか。

日本語では奇妙な表現(しかも日本語においてもキューリとクールの音が近いところがミソです)、英語では色褪せた表現──私には村上春樹がこのギャップを楽しんでいるように思えて仕方がありません。

もうひとつ別の例を挙げましょう。「僕はなんとか自分をもとどおりひとつにまとめようとする」(上巻、116ページ)。これを読むと pull oneself together という表現が浮かびます。これは「しっかりする」という意味です。

ご丁寧にもそのあとに「そのためにはあちこちに行って、自分自身の破片を集めてこなくてはいけない」と続けて、ますます pull oneself together のイメージを拡充しています。

実際のストーリーにおいて、この場面で「僕」の肉片があちこちに飛び散っているわけではありません。村上春樹は何故ここにこのような比喩を使ったのでしょうか?

私には彼が英語を思い浮かべながら遊んでいるとしか思えないのです。

「海辺のカフカ」を英語に翻訳する場合、翻訳家はここをどう訳すのでしょう?
pull myself together と素直に訳してしまえば、日本語では比喩的な表現であるものが英語では常套句になってしまいます。訳者は悩むのではないでしょうか。

私は村上春樹がそこまで予測して遊んでいるような気がしてならないのです。

あるいはそうではないのかもしれません。私の考えすぎかもしれません。
しかし、そういう文章に出会うことが、私が村上春樹の小説を読む上での小さな愉しみになっていることは確かです。作者が意図するかせざるかは別として、こういう発見は非常に深いファンサービスだと思うのです。

本にはいろいろな楽しみ方があるものです。例えばこういう深読みもそのひとつであると思います。

Copyright©yama-a Nov.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ