お楽しみさま?

まだ一部の動きですが、最近「お疲れさま」の代わりに「お楽しみさま」という表現を使う向きがあります。

例えば、「ゆうべはお疲れさまでした」と言う代わりに「ゆうべはお楽しみさまでした」という風に。──現に昨夜は非常に楽しかったのであって疲れた訳じゃない。いや、疲れているにしても、言いたいのは疲れたということではなく、楽しかったということだ──てな感じでしょうか?

「お疲れさま」についてはこのメルマガを発刊する前にHP上で書いたことがあるのですが、この言葉があまり乱用されるので、それに対する抵抗感から「お楽しみさま」という言葉が生まれたのかもしれません。

しかし、この「お楽しみさま」という造語、成り立ちから考えると、従来の「お○○様」「ご○○様」という単語とはかなり色合いが違います。

(ここで採り上げているのは「○○」に役職・職業など人間を表わす単語以外のものが入るケースです。従って「お代官様」や「ご媒酌様」という例は当てはめないで下さい)

従来のパタンを挙げてみましょう。

ご覧の通り、原則としてやまと言葉の前には「お」が、漢語の前には「ご」がつく訳ですが、これらは基本的に相手を思いやる気持ちの表現です。
「さぞかしお疲れになったでしょう」「お気の毒なことです」「待ち遠しかったでしょう」「ご苦労かけました」「さぞかしお嘆きのことでしょう」…。

「ごちそうさま」の「馳走」は本来、客をもてなす準備のために走り回ることを意味しており、つまり、「こんな美味しいお料理を作るにはさぞかし手がかかったでしょう」という意味になります。

「お互いさま」はやや分かりにくいですが、「わたしが今回あなたのために骨を折るのは、逆にあなたが私を助けてくれることもあるからですよ」という風に、やはり相手を思いやった表現です。

もっとも「お生憎さま」のように、本来の意味から少しずれて、皮肉っぽい使い方ができるものもありますし、「お互いさまじゃねえかよ」と言って逆に相手に詰め寄ることもできます。

ところで、こういう風に分析しながら「お楽しみさま」を上の原則に当てはめて考えようとすると、私は少し違和感を覚えてしまいます。楽しんだ奴をわざわざねぎらったりいたわったりする必要がないからです。

逆の立場からすれば「さぞかしお楽しみになったでしょう」と言われても思いやられている気はしないのです。「おうおう、ゆうべは随分お楽しみだったそうじゃねえか」というような柄の悪い皮肉にも聞こえてしまうんですね。

私は別にイチャモンをつけて新語を潰そうというのではありません。「お疲れさま」の乱用を避けるために新しい単語を作ろうとした発想や良し。ただし、同じ構造の単語を作ろうとしたのがそもそもの失敗ではないかと思うのです。

やたらと「お疲れさま」を連発するのは感じが悪い。かと言って「お楽しみさま」なら良いのでしょうか?

「お○○様」という表現は端的に言って「お前のことを思いやっているぞ」宣言です。「あくまであなたが中心ですよ」形式です。自分も一緒に楽しかったのであれば形だけ相手を思いやるのはやめて、素直に「昨日は楽しかったね」でいいんじゃないかと思うのです。

日本語ももう少し自分中心の表現形式を取り入れて行ったほうが、最近のライフスタイルに合って来るような気がします。

ところで、先日妻がデパートの売り場で、「失礼ですが、お名前さまは?」と訊かれたそうです。

「お名前さま」とは何ぞや????? うむ、これは分析しきれない。

Copyright©yama-a Nov.2002mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious