ドレレミファソシド?

最近若い人たちは「遊べれる」「選べれる」と言うそうです。ホンマかいなと思っていたのですが、先日会社のエレベータの中で本当にそう言っているのを聞いて驚きました。

うーむ、困った。
私は常々「ことばは単に乱れて行くのではなく、メリットを獲得しながら変化して行く」みたいなことを書いてきましたが、「遊べれる」「選べれる」についてはうまくこの理屈に当てはめられないのです。

以前「見れる」「出れる」などの所謂「ラ抜き言葉」について書いたことと重複しますが、少しまとめてみます。

助動詞「れる/られる」には受身・可能・自発・尊敬の4つの意味があります。それぞれの用法の例を挙げれば「父に叱られる・いくらでも食べられる・故人が偲ばれる・先生が来られる」です。「れる」と「られる」の違いは、前者が5段活用とサ行変格活用の動詞につくのに対して後者はその他の動詞につくという点です。

問題は、4つも意味があるとどの意味なのか判りにくいということです。

そこで5段活用の場合は「可能動詞」というものを作ります。「泳ぐ」に可能の意味をプラスしたいときは「泳がれる」ではなく「泳げる」、「買う」の場合は「買われる」ではなく「買える」という別の動詞を使うことによって、これが「可能」であるということをはっきりさせるのです。

しかし、「可能」かどうか判りにくいのは何も5段活用の動詞の場合だけではありません。「着られる」も「起きられる」も「捨てられる」も「来られる」も、単独ではどの意味だか判らないのです。

そこで上1段・下1段・カ行変格活用の場合でも無理やりに可能動詞を作ってしまった例が「見れる」「出れる」の「ラ抜き言葉」なのです。上の例に適用すれば「着れる」「起きれる」「捨てれる」「来れる」になります。

さて、この変遷によって言葉が獲得したメリットは2つあって、ひとつは「可能」の意味であるということが明確になります。もう1つは(たった1音ですが)言葉が短縮されるということです。

ところで「遊べれる/選べれる」の場合はどうでしょう?

「遊ぶ/選ぶ」は5段動詞なので、助動詞を使うなら「遊ばれる/選ばれる」(未然形+れる)、可能動詞にするなら「遊べる/選べる」が普通です。

「遊べれる/選べれる」の「レ入り言葉」は「遊べる/選べる」より長くなってしまうので、言葉の進化の法則とは逆行しています。意味が明確になるかどうかという点で言えば、別に「遊べれる/選べれる」にしなくても「遊べる/選べる」で充分明確なのですから、そうなると何故わざわざ「遊べれる/選べれる」を使うのかよく解らないのです。

ひとつだけ考えられるのは「ラ抜き言葉」の定着によって、逆に可能動詞の作り方が分らなくなってしまったということでしょうか。

文法は常に後付けの理屈です。人は喋るときに「これは5段活用だから」とか「未然形につける」とかいうことを意識していません。

「ラ抜き言葉」の場合は全部「れる」がつくのに、5段活用の可能動詞は「笑える・書ける・押せる・待てる・死ねる・遊べる・飲める・蹴れる」と色々です。これではややこしいので全部「れる」をつけることにしよう、というのが「レ入り言葉」の起源ではないでしょうか?

この場合「未然形+れる」にしてしまうと元の「遊ばれる/選ばれる」に戻ってしまいますので、それを避けて「仮定形+れる」という形にしたのでしょう。

いやはや、ちょっと苦しい説明ですね。でも仕方がないのです。文法とオジサンは若者を後から追っかけて行くものですから。

Copyright©yama-a Dec.2002mark

目次へ 次号へ 前号へ