戯書

昔、よく暴走族やツッパリ(懐かしい言葉だ!)が横文字の単語にわざと難しい漢字を当てて書いていたでしょう?
ああいうことやりたくなる気持ちって解りますよね。

表記を変えることによって書いた人の気分も読んだ人の印象も変ってくるんですね。
そういう試みはどうやらいつの時代にもどこの国でもあったようなのですが、ここではそれらを一括して戯書(たわむれがき)と呼ぶことにします。

まずは英語の例から。

英語では to や too を 2、for を 4、you を u と書いたり、the を da、thanks を thanx と書いたりするのが代表的ですよね。to you を 2 U 、for you を 4 U なんて書いたりします。see を C 、are を R と書いてあるのを見たこともあります(後者の例は日本人には思いつかないですよね。でも発音は同じです)。

イギリスのロックグループU2は You, too を掛けています。XTC(エクスタシー)や roxette (本来なら rock set )、INXS(in excess と読む。「過度に」という意味の熟語ですね)というグループもありました。古くはビートルズ(the Beatles)もカブトムシ(beetle)とビート(beat)を掛けた戯書です。

ラップ系の歌詞カードを読むと、the はほとんど da になっていたりする(これは単なる書き換えではなく、その前にまず訛っている)のですが、日本にも da pump (= the pump つまりポンプですね)というグループがあります(結成されたのは日本でラップがはやりだす前でしたね)。タバコの Hi-lite も high light の戯書です。

SFX は Special Effects → Special FX から来たものですし、I love New York の love をハート形に、New York を NY にして 4文字で表してしまう試みなんかも戯書の1種と考えて良いでしょう。

I love NY

冒頭にも書いたようにこの手のことば遊びは何も横文字に特有なものでも現代だけの現象でもありません。

日本の古典にも「十六」と書いて「しし」と読ませたり、「八十一」と書いて「くく」と読ませたり、あるいは「蜂音」と書いて「ぶ」、「馬音」と書いて「い」と読ませる例があります。昔は馬はヒヒーンではなくイイーンと啼いていたのでしょうか? 志村けんを思い出してしまいました。

傑作中の傑作は「山上復有山」です。これはなんという字の代わりか?
答えは「出」。「山の上にまた山あり」→「出」ということです。

万葉の昔からこういう遊びがあったということを私は大変嬉しく思います。
そもそも万葉仮名は日本語の音に中国の漢字を当てたものですから、成立の過程からしてそれは遊びであったのかもしれません。

遊びのある生活は豊かな生活であると思います。


【2009年2月追記】

これを書いた6年ちょっと前には少なくとも日本ではまだ全然知られていませんでしたが、今では投稿写真サイトの flickr が r と書いて are (ジョーンズ式発音記号で書けば[ a:r ])と読ませる代表例になりました。つまり、flicker と発音しなさいということですね。

で、その後、同じ作法に則って名前をつけた tumblr というサイトも出てきました。これは tumbler。

それから、TOYSRUS(実際には R は裏返っていますが)も同じで、toys-are-us (トイザラス)と読ませようという魂胆です。この R が戯書になっている点を日本語にも反映しようとしたのでしょう、日本語表記は「トイザらス」になっています。

Copyright©yama-a Dec.2002-Feb.2009mark

目次へ 次号へ 前号へ