チンプンカンプンからの脱出

漢字には2つ以上の意味を持ったものがたくさんあります。
あるいは、1つの意味であってもその範囲がものすごく広いものもあります。

我々は漢字を見るとついついひとつの意味を思い浮かべてしまいがちですが、普段使っている漢字をじっくり眺めてみるといろんな意味があることが解って結構楽しめます。

例えば、「中」という字を見ても「内側」あるいは「中央」という意味しか思い出しませんが、実はこの字には「当たる/当てる」という意味があるのです。

「中毒」というのは毒に当たることです。「的中/命中」も当たるという意味で使われた例です。「当たらずといえども遠からず」というのは中国の「大学」という書物からの引用ですが、原典では「当」ではなく「中」の字を使っています。

「白」と言えば色の名前だと思いますが、それだけではありません。

まず、白という色から転じて抽象的にいろんな意味に使われます。「潔白」の「白」は「汚れていない」という意味です。明らかという意味に拡張されることもあります(例えば「明白」)。明るいと言う意味もあります(例えば「白日」)。でも、ほかにもっともっと違う意味があるのです。

それは「言う」という意味です。どちらかと言えば「申し上げる」というニュアンスが近いかもしれません。例を挙げれば「告白/自白/建白」。「せりふ」を漢字で書くと「科白」になりますが、この「白」もやはり「言う」という意味なのです(ただし私の場合は「せりふ」にはもっぱら「台詞」という字を充てています)。

「右」は「お箸を持つほうの手の方向」ですが、この字には「助ける」という意味があります。そして、面白いことに、「左」という字にも「助ける」という意味があるのです。

辞書の「同訓異義」で調べると、「右」は「主として、天や神が助けること」、「左」のほうは「次の地位にあって、付き従って助ける」とあります。「右/左」はペアで使われるとたいてい「右」のほうが偉い意味に用いられます(ただし、左大臣と右大臣のときは左のほうが偉い)が、「助ける」という意味合いの違いも似たような点があります。

さて、勘の良い人は気づいたかもしれませんが、「助ける」という意味から考えると、「右」=「佑」(例としては「天佑」)、「左」=「佐」(例としては「補佐」)という公式が成り立ちます。

つまり、「右/佑」と「左/佐」はともにニンベンがあってもなくても意味は同じなのです。

漢字にはツクリが同じなら意味も同じ、あるいはヘンがあってもなくても意味は同じみたいな例が山ほどあります。

高校時代、漢文は私の好きな科目であり、得意科目でもありました。それは高校時代にこういう漢字の面白さに気づいてしまったからでした。多くの友人たちは漢文という科目を「チンプン漢文」などと言って敬遠していましたが、それは彼らがこういう漢字の神秘に気づいていなかったからなのです。

今この文章を読んで初めて面白いなあと思った方、あなたがもし高校時代にこんなことに興味を持っていたら、漢文は確実に得意科目になっていたはずです。

え? 「今ごろそんなこと言われても遅い!」って?
でも、何であれ何かに気づくということは楽しいことだと思いませんか?

人生って気づくことの積み重ねだと思います。


[おまけ]

Web上だけのおまけです(以下の部分はメルマガには記載しませんでした)。

お正月に麻雀をした方もあるでしょう。麻雀についての話です。

麻雀をしていて(かく言う私は実はもう十年以上やってませんが)、最初に決めておかないと細かいルールでもめることがあります。

そのうちの1つはツモ・ピンフを認めるかどうか。関東ではツモってピンフというのはごく普通に認められるようですが、関西ではツモったとたんにピンフは消えるのが一般的です。

ツモは「自模」、つまり自分で牌をさぐり寄せること。ピンフは「平和」。さて、「平和」とは一体何でしょう?

ある人曰く、「一番安い手であり、上がられても痛手が少ない、そういう意味で平和な役」──残念ながらこれは全然違います。

まず「和」から行きましょう。

「和」は、本来は調和するという意味なのでしょうが、麻雀においてはバラバラであった牌が整うこと、つまり「上がり」を意味します。

例としては「天和」(テンホウ)や「地和」(チーホウ)。「人和」(レンホウ)というのもあって、「人」は「天」と「地」の間に位置するものだから、ちょうど「天和」と「地和」の間のような役になってます。

上がっていないのに上がったと錯誤してしまうのが「錯和」(チョンボ)です。

さて、「平」は?

「平」は「平社員」の「平」、つまり役がないことです。従って「平和」は「ヒラ上がり」という意味になります。

ピンフは役がなければ何でも良いかといえばそうではなく(そんな役を作ってしまうと結局のところ役がなくても上がれることになってしまいます)、「符」が一切つかないという条件がついているのです。ヒラ上がりのヒラは「符」がつかないという意味でのヒラだったのです。

ツモってくると2符つくので、漢字の意味からすると、ツモ・ピンフを認めるとおかしなことになってしまう訳です(ま、これは私なりの漢字からのアプローチであって、実際競技される方々がどんなルールを採用されるのも自由なんですが・・・)。

大学時代、授業をサボって麻雀をするときの言い訳によく「中国語の勉強だ!」などと言ったものです。私の場合は、中国語の勉強にはなりませんでしたが、少なくともこのくらいの漢字の勉強にはなりました。

結局漢字のほうが面白くて、いつのまにか麻雀はしなくなってしまいましたが…。

[arrow このテーマの続編を読む]

Copyright©yama-a Jan.2003mark

目次へindex 次号へnext 前号へprevious