はてしないトイレ談義

トイレのことをWCと言うと知ったのは多分小学生のときです。そしてそれが water closet の略だと知ったのは恐らく高校に入ってからだと思います。

ところが、大人になって何度かアメリカ合衆国には行っているのですが、一向にWCという表示を目にしません。それでひょっとするとこれは和製英語なのかもしれないと思い始めていたのですが、欧州に行ってみるとあちこちにWCと書いてあるではありませんか。やっぱり使うんですね。

しかし、それにしてもWCとはうまいこと言ったもんです。

WCは厳密にはトイレのことではなく水洗便所のことです。もっとも今は水洗が当たり前なので誰もわざわざ水洗便所とは言いません。これは扇風機や洗濯機、冷蔵庫に「電気」という接頭語をつけないのと同じです。

話を元に戻しましょう。closet と言うと洋服をしまい込んでおく戸棚だと思いがちですが、もともとは「私室、小室」の意味です。water closet =「水の流れる小部屋」だなんて、まるで阪急三番街みたいじゃないですか(ごめんなさい。関西、それも京阪神の人にしか通じないジョークでした)。

トイレのことをあからさまに言わないという工夫は洋の東西を問わずにあるみたいで、例えば日本では「便所」(便をする所=何というあからさまな表現か!!)と言わずに、「お手洗い」と言います。もちろん手を洗うためだけにも入りますが、本来的な用事は別にあって、その用事を済ませた後、必然的に手を洗うことになる訳です。

「本来的な用事」には言及せずに敢えて「お手洗い」と言うところが奥ゆかしいじゃないですか。「便所」とはえらい違いです。

人前で「便所」などという直截な表現を用いるのははばかられるのです。という訳で「はばかり」などというこれまた奥ゆかしい表現もあります。

では、アメリカ合衆国ではどう言うか。場所を尋ねるときには Where's the men's room? と言えば良いでしょう(女性用は women's room じゃなくて ladies' room でしたよね? 自分に関係がないとちゃんと憶えていないもんですね。もちろん男女とも rest room と憶えておけば問題ないのですが…)。これも巧い表現です。男女別の部屋といえばまず思いつくのが公衆便所です。

また、米俗語では男性用トイレのことを john とも言います。確かそれに対する女性版の名前もあったはずですが、これも忘れてしまいました。

1970年代には、男性用に john、女性用に yoko と書いたトイレがあったそうですが、これなんかビートルズ世代ならではですね。

ところで、プラハのWCに入っていたら、女性用が満員であったらしく、男性用に数人のチェコ人のおばさんたちが侵出してきました。これって大阪のおばちゃんの専売特許だと思っていたのですが、チェコでもそうだったのかとびっくり仰天。寒い国ではそんなこと気にしていられないのかもしれません。

でも、そんなこと気にしない人たちって、きっと「便所行ってくる」とか「ションベンちびりそうだ」なんて言ってるんでしょうね。

まあ、ちびらなきゃそれで良しとしときましょうか、この際。


[追記1]

ハワイのマウイ島のラハイナという町に行った時のこと。

レストランで食事中にトイレに行きたくなりました。店のトイレの前まで行ったのですが、はたしてどちらが男性用なのか判りません。なぜならそこにはハワイの現地語で"kane", "wahine"と書いてあったから。

「kane → 金 → 金玉 → 男」、「wahine → woman の w → 女」という気がしたのですが、確信がなければ入れません。仕方なく席に戻ってトイレの入り口を観察すること10分。漸く白人女性が wahine に入るのを確認してから、そろりと kane に向かったのでした。

ハワイは日本語か英語でOKと思っていたら痛い目に遭いました。

water closet

[追記2]

新入社員の頃、社内の他の部署から上司に電話が掛かって私が取りました。

「○○君いるか?」
「ちょっと席外してます」
「どこ行った?」
「さあ、多分トイレだと思うんですが・・・」
「トイレか・・・。彼は悄然として席を立ったか、それとも憤然として立ったか?」
「は?」
「解らんか? 悄然は小便、憤然はフンや!」

なるほど、これもあからさまに言わない工夫なんですね。


[追記3]

そう言えば、小学生のときウンコがしたくなったらよく「猪木ピンチ!」と言ったものです。

ご存じない方のために解説すると、昔アントニオ猪木とジャイアント馬場がタッグ・チームを組んでいて、猪木がピンチになると馬場が出ました。故に、猪木ピンチ!→馬場出る!→ババ出る!

あ、でも、これでは関西の方以外には解りませんね。
関西ではウンコのことをババと言います。ババは主にヒトのウンコであり、動物のウンコの場合はフンと言います。

だから関西ではババフミコとかババフミオという名前は笑われるのです。

関西のAMラジオの人気パーソナリティに馬場章夫という人がいます。ただし、この人の場合はババフミオではなくバンバフミオです。

まったく、こういう話をしだすときりがないですね。
はてしない話題? いや、はしたない話題?


[追記4]

「アメリカではトイレのことを bathroom と言うのではないか?」との指摘を受けました。その通りです。しかし、これは日本人にはしっくり来ません。

「じゃあナニか? アメリカ人は風呂でうんこするのか?」とまでは言いませんが、便所と風呂に同じ単語を使って、本当に前後の文脈で区別がつくのでしょうか?

昔、姉が持っていたカーペンターズのアルバムに、歌詞が"We'll be right after we go to the bathroom"という1行だけの曲が入ってました。対訳には「ちょっとトイレに行ってすぐ戻ってきます」と書いてあったのですが、私は「ひと風呂浴びたら私たちは正しいだろう」かと思ってました。

Copyright©yama-a Jan.2003mark

[ このテーマの続編を読む]

目次へ 次号へ 前号へ