「読んでみたい」というロジック

私がこの連作エッセイを書き始めて間もない頃から、期せずして「日本語ブーム」なるものが始まりました。その代表作が「声に出して読みたい日本語」という本でしょう。

私はこの本を読んでいないので、中身について批判する気はまるでありませんが、私自身はこのタイトルを見てもちっとも読みたいとは思いませんでした。それどころか、「読みたけりゃ勝手にお前が音読してろ!」という気さえしました(実際、手にとって目次の部分だけ眺めてみたのですが、「ふーん、でも俺は読まない」と心の中で呟いて書店を後にしたのでした)。

思えばこの表題の中の「読みたい」の主語に当たる単語は何なのでしょう?
一義的にはそれはこの本の著者でしょう。しかし、そこにはそれ以上の含みがあります。

本当に著者が読みたいというだけのことであれば、私みたいに「勝手に読んでろ」などと身も蓋もないことを言われてしまいます。わざわざ本屋で売っているところを見ると、どうやら「私だけでなく皆さんも」という言外の意味が込められているのです。

日本語にはたいていの場合主語を省略できるという特典があります。「声に出して読みたい」というのはこの曖昧さを逆手に取った勧誘の表現なのです。

同じような例に「○○はぜひ見ておきたいものだ」などという表現があります。これにわざわざ主語をくっつけて「○○は私はぜひ見ておきたいものだ」などとすると、「は」が2つあって文章表現が拙劣になるだけではなく、「私は」と明示することによって逆に「じゃあ、見ておけば?」と突き放される可能性が高くなります。

主語がないことによって、「ぜひ見ておきたいものだ」→「なるほど、見ておきたいものなのか。そうか、僕も見てみよう」と読者の心を巧妙に動かしてしまうのです。

でも、それは単なる主客の混同ではないでしょうか?
他人との同質性を求める日本人の性向につけ込んだ表現ではないでしょうか?

「英語道」の求道者で自ら「英語道場」を主催する松本道弘氏は、「日本語にはロジックはない。あるのはプリロジック」と書いておられます。

私自身も日本人である限り、平素はこのプリロジックに従って行動している部分が少なくないのかもしれません。

しかし、私は時々日本人のプリロジックから逸脱してしまうことがあります。と言うか、日本人の「ロジックの欠落」が嫌になってしまうことがあるのです。

松本道弘氏の本は単なる英語表現ではなく、英語のロジックというものを叩き込んでくれます。
数えてみると松本氏の本を14冊も読んでいる私はロジック好きの変な日本人であるのかもしれません。

「声に出して読みたい日本語」の著者は、この本を変な日本人にも読んでほしかったのでしょうか。 私には判りません。

Copyrightt©yama-a Feb.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ