マジっすか?

会社で向かいの席に座っているS君が私に尋ねました。

「やまえーさん、『マジっすか?』って英語にどう訳します?」

私は、「えーっと、なんかピッタリの表現があったよなあ」と言いながら少し考えて、はたと閃きました。「あ、そうそう、Do you mean it? で良いんじゃないの?」

Do you mean it? ──あなたはそれを意味するのか?

「それ」が何を意味するのかと言えば、例えば「あなたが今言ったこと」。
つまり、「あなたは今そういう風に言ったけど、本当にそういう意味で言ったのか?」
→「文字通りの意味に受け取って良いの?」
→「本気で言ってるの?」

というような感じになります(これは言いようによっては「そんなこと言っちゃっていいのかよ?」「なんだと?」と脅し風に使うこともできます)。

「マジっすか?」の語源がそもそも「真面目に言ってるんですか」だろうから、それを Do you mean it? に置き換えるのは我ながらよくできた翻訳である、と独り悦に入っていたのですが、S君はそれを見透かしたようにこう言いました。

「そうですか…。M嬢は Oh my God! と訳したんですよ」

M嬢というのはかつてこの欄にも登場したことのある、我が社の国際部が誇る才媛です。ちなみに、S君とM嬢となっているのは、たまたまイニシャルがそうなのであって、決してサディストとマゾヒストのコンビではありません(と思います)。

私は、「Oh my God! とはなんという雑駁な訳だ! 今度ばかりは私の勝ちだろう」と思ったのですが、よく考えてみるとそうでもありません。

「1回でできたら3万円やるよ」
「えっ、マジっすか?」

というような場合なら確かに Do you mean it? で良いでしょう。最初の台詞は話者の意志なり提案なりを表わしているからで、それに対して「それは本気か?」と訊くのはアリだから。

しかし、実際巷で若者たちが話しているのを聞くと、この「マジっすか?」はもっと幅広く自由自在に使われています。

「昨日久しぶりに田中に会ったよ」
「えっ、マジっすか?」

「70点以下は追試だってさ」
「えっ、マジっすか?」

というような場合はどうか? 「田中に会った」のは事実であり「本気」もへったくれもないし、「70点以下は追試」というのは伝聞であって話者が意志を反映する余地がありません。こういうケースの「マジっすか」にあまり文字通りの意味を求めると何が何だか解らなくなってしまいます。

「マジっすか」にはほとんど意味がなくて、「えっ?」だけでも同じなのです。

そもそも「マジ?」という単語自体が今では「本当?」と同義で使われています。若者たちはちょっとでも意外なことがあるとすぐに「マジ?」と聞くようです。

それを考えるとM嬢の訳はさすがと言って良い名訳です。Really? に留まらずに Oh my God! まで飛んで行ってしまっているところが、特にこの言葉の汎用性を表わしているように感じます。

私のほうはちょっと理屈でマジに考えすぎの訳のようですね。

え? 「M嬢はプロだけど所詮あんたはアマチュアだもの」って?
それに対する返事は Do you mean it? でしょうか? いや、Oh my God! でしょうね。


[追記]

Do you mean it? で思い出しましたが、I mean という挿入句もよく使われます。

言ってしまってからあまり適切な表現ではなかったなと思ったときに I mean を挟んで言い直すのです。 「私は今そういう風に言ってしまったけれど、私が(本来)意味するのは(したかったのは)…」という感じで頻繁に使われます。

「ちょっと太りましたね? いや、つまりその、貫禄がついたと言うか…」の「いや、つまりその」みたいな感じですね。若い人がよく用いる「てゆーか」とも似ています。

ところが、この I mean は本来はニュアンス訂正用語であったにも拘らず、現実には単なる言い直しのためによく使われています。「白」と言うべきところを誤って「黒」と言ってしまったような場合に、平然と "black, I mean, white" なんて言うのです。

これをしょっちゅうやってしまっているのがアメリカのブッシュ大統領で、もうひどいの一言です。"a guilty, I mean, innocent person" なんて表現を目の当たりにしてしまうと、「一体どうやって guilty という単語で innocent という意味を表わすんだ?」と突っ込みたくなるのは私だけではないでしょう。

しかし、実はブッシュだけでなく多くのアメリカ人が折に触れてこういう表現をしているので、憶えておいて損はない表現かと思います。

Copyrightt©yama-a Feb.2003mark

[arrow このテーマの続編を読む]

目次へindex 次号へnext 前号へprevious