発音のギア、発想のシフト

私は昔、英語塾で教えていたことがあります。

ある日、女生徒のひとりが私に向かって「本当に先生に習って良かった」としみじみ言うので、不思議に思いながら「なんで?」と訊いたら、「私が中1のとき教わった先生は、『リンゴは"あっぷる"です』という教え方をした」と言います。

一体何のことかと思ったら発音のことでした。

彼女に教えた先生は、本当に仮名で書いたような発音しかできなかったらしいのです。これでは習うほうがかわいそうです。

しかし、ただでさえ他人にものを教えるのは難しいのに、発音を教えるとなるとハードルは2倍です。最初のハードルは教える人がちゃんと発音できるかどうか。そして、次のハードルは、手本を聞かされた人がちゃんと真似できるかどうか。そのためには真似する人が真似しやすいような工夫、つまり例えや解説が必要になってくる訳です。

「唇や舌をこういう風に動かすんだよ」という情報に加えて、「耳で聞くとこんな感じになっちゃうよ」という情報が必要です。後者の情報によって発音の強弱・メリハリが身について行くのです。

ジョン万次郎が What time is it now? を「掘った芋いじるな」と憶えていたのは有名な話です。日本人が日本語を話す要領で「ほわっと・たいむ・いず・いっと・なう?」と発音するくらいなら「掘った芋いじるな」と言ったほうがよほどネイティヴには聞き取りやすいはずです。これが「耳で聞くとこんな感じになっちゃうよ」という情報です。

でも、その情報から先に教える訳には行きません。英語の1音1音の特徴を叩き込まずにそんなことばかり教えてしまうと単なるウジャウジャ英語になってしまうからです。

「英語をカタカナで書こうとしても無理なんだ」ということが解ってきた生徒に対しては、「an apple は"アネヤポー"という感じだ」という教え方もアリでしょうが、全く基礎のできていない生徒にそんな教え方をすると、単に"姉やポー"になってしまいます。「cash は"キャッシュ"よりも"ケアシュ"のほうが近いよ」というのはいきなり教えることではないのです。

全く基礎のできていない子に対しては、まず英語のひとつひとつの音がいずれも日本語にない音だと実感させることが大切なのです。例えば、英語の a, e, i, o, u は日本語のアエイオウとは微妙にずれている、等々(この点についてはいずれ機会があれば書きます)。しかし、個々の音素の発音練習ばかりしていても英語らしい音は身につきません。単語を、文章を聞かせて発音させて初めて音の流れが解るのです。

私たちはそういった全てを、どういう例えを示しながら、どういう手順で教え込めば正しい発音が身につくのか、いつも苦悶していました。


以前この欄で語末の n音について書いたことがあります。今回は th音について書いてみたいと思います。

「th は舌を噛む音だ」と習いました。そして私自身もそう教えてました。でも、最近になってこれは良くなかったのではないかと思うようになったのです。

日本語において「舌を噛む」という表現は「発音できない」という意味を表します(例えば「舌を噛みそうな名前」など)。発音できない音を教えても発音できるはずがありません。いや、ことば遊びで言っている訳ではないのです。

自分でやってみれば分かりますが、舌を噛むだけでは、舌を噛んだままでは音は出ません。
上下の歯の間に舌の先を挟んで、歯と舌が触れたままの状態で舌を引き抜きながら発音するのが th音なのです。

日本人が外国語の音を教えるときには、往々にして最初の口の形だけを教えて、その後の舌や歯の動きをちゃんと教えないということが多いのではないでしょうか?

-er や -or などの r音を伴った長音は動きのない音ではありません。伸ばす音の途中から、口の形は動きませんが、口の中で次第に舌が巻き上がってきているはずです(もし全く巻き上がって来ていないようなら、あなたは綺麗な発音ができていないはずです)。

発音は動きなのです。日本語であれ英語であれ、前に何があって後に何が続くかによって音は微妙に異なってきます。それは音が動いているからなのです。

本来なら塾で教えている間にこういうことに気づくべきでした。

中には、この文章を読んでも納得の行かない人もいるでしょう。人はさまざまで、理屈から教わらないと納得できない人もいれば、理屈を聞いたとたんに頭が痛くなる人もいます。覚える時の癖もあるし、人の耳の良さにはものすごく大きな個人差があります。

それを考えれば、本当は相手によって教え方を細かく変えて行く必要があるのでしょう。

人にものを教えるというのはまったくもって大変な作業です。発音するときは音を動かし、教えるときは発想を動かすことが必要になってくるのです。

Copyright©yama-a Mar.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ