すべての駄洒落は文学に通ず

最近、駄洒落(だじゃれ)のことをオヤジギャグと言うようです。 オヤジは一般的にバカにされる存在なので、オヤジギャグもやはりバカにされているんでしょうか?

自分がオヤジになってきたからこそ言えることなんですが、オヤジがバカにされるのはまあよろしい。しかし、駄洒落がバカにされるのであれば困ったことだと思います。

私は際立って駄洒落好きな小学生でした。小さい頃から駄洒落を言って人を笑わせるのが好きでした。

そして、学年が上がるに従って、和歌や古文を習い、日本の古典には駄洒落が溢れていることに気づきました。いや、駄洒落と言っては失礼でしょうから洒落と言いましょうか。

ただ、駄洒落を磨けば洒落になるので、駄洒落は全ての出発点と言って良いのではないでしょうか。

例えば和歌に良く見られる掛詞(かけことば)、序詞(じょことば)なんて洒落以外の何でもないではないですか。折句(おりく)なんかは一見洒落ではないのだけれど繋ぎ換えると洒落になるという高踏なゲームだし、本歌取りというのも抽象的な洒落だと思うのです。(詳しくは脚註をご覧下さい)

漢詩や英語の詩で韻が踏まれるのも、まさに共通音の遊び=洒落です(韻については今まで3回書きましたので、そちらをご参照下さい。→

しゃべくり漫才の元祖と言われるエンタツ・アチャコのネタは駄洒落の連続です。往年の漫才名コンビであるWヤングが始めた、「相手の発言を聞き違えて話が変な方向に行ってしまう」というパタンは今多くの漫才師のネタに活かされています。

「駄洒落 → 漫才」という発想は駄洒落が極めて低俗であるかのような誤解を生んでしまいますが、「駄洒落 → 文学」のルートとなんら変わりがないように思います。

趣きの違いこそあれ、いずれも要するにエンタテインメントの一環なのです。

駄洒落をバカにしてはいけません。
すべての駄洒落は文学に通じているのです。


[脚註]

和歌にあまり詳しくない方のために、小倉百人一首と伊勢物語から例を引いて解説しておきます。

花の色は うつりにけりな いたづらに
わが身よにふる ながめせしまに (小野小町)

「ふる」は「経る」(「世に経る」で「世渡りをする」の意)と「降る」の掛詞です。「ながめ」は「眺め」(物思いにふけること)と「長雨」の掛詞です。下の3句で「むなしく物思いに耽りながら現実の世に処してる間に」と「ぼんやりと長雨を眺めているみたいに」のダブルミーニングになっている訳です。

あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の
ながながし夜を ひとりかも寝む (柿本人麻呂)

「あしびきの」は「山」に掛かる枕詞(まくらことば)。枕詞に意味はありません。ただ、「あしびきの」と来れば「山」が続くという決まりごと。そして、「あしびきの」から「しだり尾の」までが「ながながし」の序詞。「山鳥の垂れ下がっている尾」は長いので、そこから「長い」という言葉を連想させて引っ張り出してきたもので、そういう働きをするものを序詞と言います。「ながながし」は「しだり尾の長々し」と「長々し夜を」の両方に掛かっています。

唐衣 着つつ馴れにし つましあれば
はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ (伊勢物語)

この歌は、各句の一番上の文字を繋げると「かきつばた」になります。こういう遊びを「折句」と言います。なお、この歌は非常に技巧的な歌で、「唐衣」が「着る」の枕詞、「唐衣着つつ」が「馴れ」の序詞(「唐衣を着馴れる」のと「馴れ親しんだ妻」)、「つま」は「着物の褄」と「妻」の掛詞、「はるばる」は「遥々」と「張る」との掛詞、「唐衣、着、馴れ、褄、張る」はすべて着物に関する縁語となっているなど、ことば遊び満載です。

春日野の 若紫の すり衣
しのぶのみだれ かぎり知られず (伊勢物語)

これは本歌取り。百人一首にも載っている「みちのくのしのぶもぢずり誰ゆゑにみだれそめにし我ならなくに」という有名な歌を踏まえて新たに作ったもの。古歌を踏まえて歌を詠むというのは教養の高さの証明だった訳です。

ね、こうやって見るとほとんどが洒落でしょ?

Copyright©yama-a Mar.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ