以外と以上

読者の方からメールを頂きました。
以前「犬にえさをあげる、草花に水をあげる」の件でメールを頂いた方です。

この方曰く、「小学校3年生以上」ならば3年生を含むのに、どうして「関係者以外立ち入り禁止」の場合は関係者を含まないのか?

ふむ、難しいですね。
しかし、理屈を考える前に、もし「関係者以外」に関係者を含んでしまうと誰も立ち入れなくなってしまうじゃないですか?

これは境界線の問題だと思うのです。

スポーツ、特に球技の場合など、境界線上の扱いをどうするかを決めておかないと困ったことになります。いくら線審が正しい判断をしても、そもそもオンライン=線上の場合はアウトなのかセーフなのか、コートの中なのか外なのか、ボールデッドなのかインプレイなのかをはっきりさせておかないと何の役にも立ちません。

思えば、「3年生以上」と言った場合は「3年生」が境界線なんですね。随分太い境界線ですが・・・。
で、1・2年生がそれより下、4・5・6年生がそれより上、3年生はさっき書いたように境界線上、そして「以上」と言った場合は境界線を含んでそれより上という風に決めてあるのです。

確かに「以」という漢字を使った場合は境界線を含むことが多いようです。

ところが、「関係者以外」の場合は境界線がないんですね。言うならば境界線がなくて壁がある。まさか壁の中には入れません。真ん中の壁を隔てて、こっち側が関係者、あっち側が部外者。で、「関係者以外」は部外者を指しています。

この方はメールに、「『以外』は『以って外とする』でしょう?」と書いておられたのですが、「以」を常に「もって」と読もうとしたのがいけなかったのかもしれません。

「以」という字には大変多くの意味があります。漢和辞典を引いてみるとそれが判ります。その中で一番しっくり来る訳語は「より」でしょう。

「以上」は「より上」、「以外」は「より外(そと/ほか)」という単純な理解で良いのではないでしょうか。
境界線を含むかどうかは、また別の問題であるような気がします。

「以上」「以下」は境界線を含みます。境界線を含まない場合には「未満」という言葉が使えますが、「境界線を含まずにそれより上」を表わす漢語がありません。仕方がないので漢字1字だけをつけて「資本金1億円超の企業」などと言ったりします。

英語では「未満」は less、「境界線を含まずにそれより上」は more などと、比較級を使えば共に1単語で表わせます。逆に「以上」「以下」を表わす単語がなくて、例えば「100以上」ならば、100 or more なんて複合的な表現をすることになってます。一見まどろっこしく思えますが、実は日本語よりも境界を含むかどうかがはっきりした表現なんですね。

イギリス人かアメリカ人に生まれればこんなことで悩まずに済んだのにねえ。
え? 答えになってないって?

でも、この件についてはそんなこと以外に思いつかないんです。ごめんなさい。

以 上


Copyright©yama-a Apr.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ