ちょっと違くない?

昔、日本に来て間もない外国人が「きれくない」と言うのを聞いたことがあります。
これは明らかに間違いで、「きれいでない」が正解です。

「高くない」は合っていて「きれくない」が間違っているのは、「高い」が形容詞であるのに対して「きれい」は形容動詞「きれいだ」の語幹だからです。

「高い」は形容詞なので「カロ/カッ・ク/イ/イ/ケレ」という活用語尾がつきます。つまり、「高かろう/高かった・高くなる/高い/高いもの/高ければ」(順番に未然/連用/終止/連体/仮定形)。

それに対して「きれいだ」は形容動詞なので「ダロ/ダッ・デ・ニ/ダ/ナ/ナラ」という活用をします。つまり、「きれいだろう/きれいだった・きれいである・きれいになる/きれいだ/きれいなもの/きれいならば」と変化する訳です。

これと同じような例で最近よく耳にするのが「ちがくない」です。若い人たちが「それって、違くない?」みたいに使ってます。

これは勿論ふざけて遊んでいるだけなので、目くじら立てて指摘するほどでもないのですが、まあ、ことのついでに解説しておくと、動詞である「違う」に形容詞の活用語尾を繋げた表現です。

私の少年時代に一時流行した表現に「好きくない」というのがありました。これは形容動詞「好きだ」に形容詞の活用語尾を接続したものです。

口語でよく使われるのに「みたく」という表現があります。これは本来「みたいに」となるはずです。「みたい」は形容動詞的な活用をする接尾語で、「みたよう」が転じたものだと言われています。この例も元々形容詞ではないものに形容詞の活用を当てはめたものです。

さて、上で挙げた間違いの例は、いずれも「形容詞化」のパタンです。なぜ、こうも全てが形容詞化して行くのでしょうか? この問題は残念ながら私にも判りません。

ただ、私はこういう言葉遣いを聞くと、「表現としてもきれくないし好きくないなあ」みたく思ってしまうし、「ちょっと違くない?」と言いたくもなります。

私の言ってること、なんか間違ってますかね???

Copyrightt©yama-a Apr.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ