進化する動詞群

ある程度以上社員がいる会社で長い間サラリーマンをやっていると採用面談をやらされることがあります。

私も何度かやりましたが、我々オジサンにとっては、これが現役の学生さんと会話する数少ない機会なんですね。だから結構楽しめるんです。

学生さんのほうもオジサン(あるいはオバサン)と会話する滅多にない機会だというので、それなりに緊張して、いかにも社会人らしい言葉で喋ろうとするのですが、それでも時々ポロッと出ちゃうんですよね、普段の若者言葉が。

そういう訳で、私は時々未知の言葉に遭遇することができます。

例えば「ボコる」。知ってます? 「ボコる」ですよ。

これは「ボコボコにする」、つまり昔の表現を借りれば「コテンパンにやっつける」。殴る蹴るの暴力で文字通りボコボコにする場合も含まれますが、主に寄ってたかって非難するという感じでしょう。

「なんだ、その言葉遣いは。これだから最近の若者は困る」なんて言うオジサン・オバサンもいる訳ですが、前にも書いたようにいつの時代にも若者の言葉は非難され続けてきたのです。しかし、それがいつの間にか定着してしまうこともあるのです。

例えば「サボる」。

これはフランス語の sabotage の一部に日本語の活用語尾を足したもの。きっと他にしっくり来る日本語がなかったんでしょうね。罷業とか怠業などと言ってしまうと「ストライキ」の意味になってしまって、学生が授業をサボるような時に使うのは仰々しすぎます。かと言って「ずるける」ではちょっと幼稚な感じがしてしまいますから。

何かで読んだのですが、当時の知識人たちはこの「サボる」という表現を随分毛嫌いしていたらしいのです。
でも、いつの間にか定着してしまいました。

他にも「アジる」なんてのがあります。学生運動用語ですね。英語 agitate の一部に活用語尾を繋いだもの。これも「あおる」では意味が広すぎるし、他には「扇動する」という漢語しかありません。それで、こんなやまと言葉を作ったんです。

同じ学生運動用語では「オルグる」。ドイツ語 Organisation を略して「オルグ」、それに活用語尾を足して「オルグる」(=組織化する→組織に勧誘する)。同じ系統の例が「ネグる」。これも英語 neglect から来ています。もう少し新しい例では「パニクる」があります。

いずれも適当なやまと言葉がなかったことに端を発しているのではないでしょうか。

「サボる」から「パニクる」まで見てきて、共通しているのは「外来語のやまと言葉化」という点です。

さて、では最近の造語例を見てみると、例えば「告る(こくる)」というのがあります。「告げる」では単に「言う」にすぎません。「告白する」ならば、その内容は秘密・過去・罪などいろいろ考えられますが、「告る」となると「愛の告白」以外にありません。その限定的な意味を表わすために、わざわざ「告る」という新しいやまと言葉が考案されたのでしょう。

「サボる」の類から「告る」、「ボコる」と見ると、外来語のやまと言葉化→漢語のやまと言葉化→擬声語・擬態語のやまと言葉化という変遷を辿って来ているのが判ります。

日本語は今日も進化し続けているのです。ひたすら微妙なニュアンスや気分を正確に表わすために。

Copyrightt©yama-a May.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ