速攻広がる

「もう速攻買いに行ったよ」──若い人はよくこんな言い方をします。若者だけではなく、先日うちの40歳の副部長が電話で「速攻送りますから」と言っていたのにはびっくりしました。

昔は「速攻で」と言ったものですが、最近はこの「で」は省略される傾向にあります。言葉は大体において短縮化の傾向にありますからね。

で、「速攻(で)」というのは「すぐに」「急いで」「早く」という意味です。

ならば別に「速攻」なんて言わなくても、「すぐに」でも「早く」でも単語の長さに大差ないではないか、ということになるのですが、ソッコーのほうが音が跳ねたり伸びたりしている分、印象がシャープですし、元々スポーツ用語なので「敵の態勢が整っていないうちに一気に攻め上がる」「敵の意表を突いてビシッと打ち込む」という感じでカッコいいじゃないっすか。

「わかった。おいおい、またかよ。どうせまた若者言葉の肩を持とうって魂胆だな」と言われそうですが、私自身は言葉の規範性を重んじますが、一方で言葉が変わり行く姿を観察するのも大好きなんです。

そして、そういう観点から言うと、これは別に新しい構造の言葉ではありません。

うちの母親なんかは「大急ぎで頼む」と言う代わりに、よく「特急で頼む」なんて言ってました。「速攻(で)」は「特急で」の平成バージョンに過ぎないのです。だから、取り立ててどうのこうの言うほどの表現ではないのです。

昭和の時代(の初期)には、印象残る速いものと言えば特急列車だったのでしょう。そして、平成に入って、とりわけ日本で開催されたサッカー・ワールドカップ以降、速いものの代表は速攻になりました。「速攻」自体は、日本が強かった頃のバレーボールにもあったはずですが、残念ながらバレーには日本語を変えてしまうほどの力はなかったようです。

サッカー・ワールドカップによって、以前は若者専用の言い回しであった「速攻」が中年世代にまで速攻広がりました。そこのところを書きたかっただけなので、短いですが今回はこれで終わりです。

え? 底が浅いって? そっかー?

Copyrightt©yama-a May.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ