能動性と論理性

日本人は自己主張の少ない受身な国民だとよく言われます。

それが証拠に、日本語には受身表現が大変多く見受けられる、とも言われます。英語ではあまり受動態は好まれず、可能な限り能動態で表現される傾向があるのに対して、日本語ではやたらと受動態が出てきます。中には、論理的に考えれば受身になるはずのないものまで受身にしてしまうのです。

例えば「女に泣かれる」、「妻に死なれる」、「今、君に倒れられると困る」など。

英語において受身形にできるのは他動詞、つまり目的語を取る動詞を用いている場合だけです。 目的語を主語に換え動詞を受身形にして、by 以下に元の主語を持ってくれば受動態の完成です。

S+V+O、S+V+O+O、S+V+O+Cの第3・4・5文型だけが受動態に変換できるのであって、目的語なしで成立する自動詞を使った S+V、S+V+Cの第1・2文型は受動態にできないのです。

先ほどの例を能動態で書けば「女が泣く」、「妻が死ぬ」、「今君が倒れると(私が)困る」です。
ここには目的語はありません(英語でも日本語でも同じです)。だから英語では受動態にできません。ところが、日本語においては、受身的な気分になりさえすれば「女に泣かれる」、「妻に死なれる」、「今君に倒れられると困る」などという表現が成立してしまうのです。

言ってみれば極めて情緒的な受動態なのです。

もちろん英語にも受身表現はあります。そしてもっぱら受身でしか使われないケースだってあるんです。
例えば I was surprised.
あるいは I am excited.
by ではなく in を取りますが、I am interested in....
それから、(この動詞が能動態になることは決してありませんが)I'm tired だってそうです。

日本語ではこれらは「びっくりした」「興奮している」「興味がある」「疲れた」という能動態の自動詞です。しかし、考えてみれば何もないのに勝手にびっくりしたり興奮したり興味が湧いたり疲れたりするはずがありません。そこには何か、驚かせる・興奮させる・興味を惹く・疲れさせる外的要因が必ずあるはずです。

外的要因によって初めて成立する状態なので、英語においては常に「外的要因によって・・・させられる」という受動態を用いるのです。

日本語では「僕は4月に生まれた」と言います。英語では I was born in April. と言います。
英語は受動態です。自分自身で生まれられないからです。

英語においては外的要因によって初めて成立する状況を「私が自発的に・・・する」という第1文型で表わすのはおかしいのです。一方、日本語においてはそういうおかしい表現のほうが普通なのです。

つまり、私が言いたいのは、日本語と英語の能動態/受動態表現の差は国民の積極性の差ではなく、国民の論理性の差ではないかということです。

そして、私が時々我慢ならなくなるのは、日本人の受動性ではなく、日本人の非論理性のほうなのです。 これは言葉についての話ではなく、生活一般にまで拡大しての話ですが・・・。

英語で「怒っている」は I am angry や I am mad at...で受身形ではありません。これは I am sad や I am happy と同じく、「私(の心)は今こういう状態にある」という穏やかな第2文型です。しかし、ただ「怒らせる」に留まらず「激怒させる」となるとやはり infuriate などという他動詞を用います。

I'm infuriated at something.
Something infuriates me.

私は勝手に怒っているわけではありません。日本人の非論理性によって激怒させられている訳です。

Copyrightt©yama-a Jun.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ