理屈に合わないアウの音

日本語において略語を作る際には頭の2文字(または2音)ずつを切り取って繋げるのが一般的です。

例えば「学生割引」が「ガクワリ」に、「駐車禁止」が「チュウキン」に、「意味深長」が「イミシン」に、「泥棒を捕まえて縄を綯う」が「ドロナワ」になります。

ところが、大体において上の原則が当てはまるのですが、カタカナ言葉になるとちょくちょく例外が出てきます。

例えば、私が小学生の頃、野球をしていてワンナウト/ツーアウトのことをよく「ワンダン/ツーダン」と言いました。これは「ワン・ダウン/ツー・ダウン」の略です。なぜ「ワンダウ/ツーダウ」ではないのでしょうか? 同じように「ワン・バウンド」のことを「ワンバン」と言ってました。これもなぜ「ワンバウ」ではないのでしょうか?

そう言えば、関西の深夜ラジオ番組で「ヤングタウン」というのがありましたが、これも「ヤンタウ」ではなく「ヤンタン」と略されてました。イギリスの人気バンド「スタイル・カウンシル」は「スタカウ」ではなく「スタカン」だったし、コンサートなどのイベント運営会社の大手「サウンドクリエーター」も、業界では「サウクリ」ではなく「サンクリ」と略されています。

以前も書いたことがあるのですが、これは本来日本語に存在する音に写そうとするためではないかと思います。

日本語には [au] という2重母音はありません(「会う」「笑う」など [au] という音を含んだ単語はありますが、これはたまたま [a] という短母音と [u] という短母音が連続したに過ぎません)。従来の日本語では [au] という表記は [ou] と発音していたくらいです(例えば「アリガタウ(有難う)」は「アリガトウ」、「サウダン(相談)」は「ソウダン」と読んでました。今では表記のほうが発音に合せて改定されてしまいました)。

ウッチャンナンチャンが略して「ウンナン」になるのも同じ理屈だと思います。日本語においてはナ行の前に撥音(ン)が来ることはあっても促音(ッ)が来ることはありません。だから「ウッナン」では発音しにくいのです。これも日本語に存在する音の組合せに流れて行った例だと思います。

ウッチャンナンチャンの人気が急上昇してきた当時、ある広告代理店の部長が、自社の各放送局担当者(私たちは「局担」と呼んでます)を集めた会議の席で「ウンチャンナンチャン」と言って失笑を買ったことがあります。

しかし、そもそもウッチャンナンチャンを知らなかった罪は重いとしても、略称が「ウンナン」だから正式名称は「ウンチャンナンチャン」だろうとするのは正しい推論ですよね。

この人、広告代理店の部長になるより言語学者になったほうが良かったのかもしれません。
今はどうしておられるのでしょうか。その後消息を聞かないだけにちょっと心配です。

Copyright©yama-a Jun.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ