回文異化分解

ことば遊びが好きだなどと言いながら、約60編にも及ぶ連載の中で回文についての言及が全くないのは何故だ?──というメールを頂きました。

いやいや、私も一時嵌りましたよ、回文。でも、この世界はもうあまりに開拓され尽くしていて新規参入するにはちょっとしんどいんですよね。回文専門のウェブサイトもありますし、進んでいる人はかなり進んでいて初心者とは実力が違いすぎるのです。

大御所でいえば土屋耕一。

この人の回文を読んでいると完成度の高さに溜息が出ますね。もし、読んだことがなければ一度読んでみてください。比較的手に入りやすいところでは「軽い機敏な仔猫何匹いるか」(角川文庫)があります。もちろんこのタイトルも回文なのですが、回文にするために無理をした形跡がまるでない。意味もすんなりと通っている。──知らずに読んでいたらまず回文だとは気づかないでしょう。

回文の作り方は単純です。何か思いついた単語をとりあえずひっくり返してみる。例えば、

  1. 新聞紙
  2. 軽い
  3. ダンス
  4. 竹藪

これを下から読むと、

  1. シンブンシ
  2. イルカ
  3. スンダ
  4. ブヤケタ

1)はそのまんま回文ですから何もする必要はありません。ただ、後述するように、この手の単語は回文を内側に発展させる際に利用することができます。

2)の場合はこの2つを繋げばそのまま回文ができます──「軽いイルカ」

3)はそのままでは無理で、間に「が」という1字を挟めば回文完成──「ダンスが済んだ」

4)はそのまま繋いで「竹藪ふやけた」とすればとりあえず回文ですが、竹薮がふやけるというのはちょっと理解できません。そこで、「タケヤブ」の最後の1字「ブ」を共通音として折り返したら「竹薮焼けた」という、ちゃんと意味の通った回文ができます。

「竹薮焼けた」の前後に少し足して、例えば「他の竹薮焼けたのだ」などと回文を延長して行くのがその発展形です。これは外側に発展させた例ですが、「軽い機敏な仔猫何匹いるか」というのは「軽いイルカ」を内側に発展させたものと言って良いでしょう。その時に折り返し点として使ったのが「子猫」という「そのまんま回文」単語なのです。

いずれにしても回文の第1歩は単語を逆さまに読んでみることです。

会社の同僚にT君というのがいて、実は私が回文にのめり込んだのは彼の影響です。で、2人で結構競い合ったこともありました。巷で出会う全ての文字をひっくり返してみるのです。ところで、問題は日本の漢字文化です。漢字で書いてあるとなかなか逆さまに読めないのです。

それでT君が着目したのが駅の表示。電車の駅には漢字の駅名だけではなく、どこかに必ずカナ表記があるものなのです。という訳で、我々2人は通退勤の車中から、片っ端から駅名を逆さまに読んでみて回文作りに励んだものです。

「渋谷節」「中野かな?」の2つはT君が作ったショート・ショート回文です。私も負けずに東小金井から「稲が、腰が、東小金井」、武蔵小金井から「稲が腰さ、武蔵小金井」とか、関西に転勤してからは武庫之荘から「嘘の子、武庫之荘」など、意味はさっぱり解りませんがとりあえず逆に読んでも同じという駄作を多作したもんです。

ところで、そんな作品と「軽い機敏な仔猫何匹いるか」を比べて見ると、私が挫折してしまったのも充分納得していただけるでしょう。その程度の人は所詮のめり込まないほうが良いのです。

ところが、その程度のくせに何故かのめり込んで本まで出してしまったのが村上春樹です。買いました?「マタタビ浴びたタマ」(初版2000年、文芸春秋)。

この本、まずカナ書きの回文があって、次のページにイラスト、その次のページが漢字混じりの回文、そして最後のページにその回文に因んだストーリーという構成が続くのですが、こんなに丁寧に説明しなければならないような回文は所詮出来の悪い回文なんです。

「マタタビ浴びたタマ」の出版によって、私は回文から手を引くことをきっぱりと決意いたしました。

なお、この章のタイトルも回文ではありませんので、念のため。
これを回文にするためには、上記のごとく裏返して折り返し、「回文異化分解 快感部下陰部以下」にしなければなりません(が、これでは何の意味だかさっぱり解りません)。

Copyrightt©yama-a Jul.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ