行間を読む前に

「行間を読め」なんて言いますよね。でも、日本語の場合はできても、英語の本だとなかなかそこまでは行き着けないものです。

実は英語の(と言うか外国語の)本の場合にはいきなり行間を読むのは無理で、その前にやることがあるんですね。

忘れもしない高校の英語の時間、教師がやおら黒板に1つの英文を書いて「訳してみなさい」と言いました。

He flied to the right field.

当てられたのはわりと英語のできる女の子でした。彼女は何度も首を傾げながら一生懸命考えて、苦し紛れにこう答えました。

「彼は右の野原に飛び込んだ」

ブー!

正解分かりますか?
この時は誰も正解できませんでした。
正解は「彼はライトにフライを打ち上げた」です。

教師はにこっと笑ってそれきり何も言わず、そのまま他の話題に転じて行きました。

私は何も言わなかった教師が何を言いたかったのか一生懸命考えました。その答えは結局その教師から聞けないままですが、こういうことではなかったかと思うのです。

≪前後がなければ意味は取れない≫

He flied to the right field という文は難しい単語や文法が盛り込まれた代物ではありません。では、何故意味が解らなかったかと言えば、野球の話だとは誰も思わなかったからなんです。前後があって、そこに野球のシーンが書き込んであれば、野球を知らない人ならいざ知らず、大抵の野球ファンなら意味が解ったはずです。

そうです。文というものはコンテクスト(文脈)の中で初めて明確な意味を持つものなのです。解らないからといってその部分だけを見つめていてもいつまでたっても意味は解りません。解らない時はその前後を読んでみるべきなのです。

単語1つでも解らない部分に突き当たるとどうしてもそこにこだわってしまって先へ行けない人がいます。そんな時にはまずその解らない部分を飛ばして前後を読み返してみることが必要なんです。前後から、その解らない部分は結構推測がつくものなのです。

私はそういうやり方で英文を読んでいます。

単文の範囲内で想像がつくのは、意味の解らない単語の品詞が何なのかということだけです。ほかのことはその前後の部分から推測します。
──その単語は褒め言葉なのか貶し言葉なのか、それともそもそもそういう価値判断を含まない「乾いた」単語なのか。積極性を表わしているのか消極性を表現しているのか。特殊な用語なのか一般的な言葉なのか。どうしても辞書を引かねばならない、この文章の中でポイントとなる単語なのか、読み飛ばしても大勢に影響のない一語なのか。
──前後から想像のつくことは非常にたくさんあります。

そのことを解らせるために、そういう形で教師は私たちを一種のペテンにかけたのだと思います。
女子生徒を指名したのは女子のほうが野球に疎いからで、野球のことばかり考えている野球少年がまかり間違って正解を出してしまわないための保険だったのではないでしょうか。

最近「教えてgoo」をちょくちょく見ているのですが、あそこには「この英文を訳してみてください」と言って単文を掲載している人がたくさんいます。あれは翻訳させられるほうにとってはちょっと酷です。前後を含めて書いた上で、「この部分が解らないから、この部分の訳を教えてほしい」とするべきではないでしょうか。

前後を読まない者は決して行間を読む域にまで達することはありません。まず前後。前後が解ればその文が解り、その文が解れば行間はおのずと見えて来るでしょう。

Copyright©yama-a Jul.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ