新語「笑ける」の出生の秘密

関西だけなのか全国的な流行なのか確かめていないのですが、最近若い人がよく「笑ける」という表現を用います。私にはどうも耳障りな言葉です。しかし、耳障りな感じがする一方で、ニュアンスをうまく表わしているような気もします。何故でしょう?

「笑ける」は「笑う」と同じではありません。単に「笑う」という動作を表わすのではなく、「あきれて言葉の返しようがなく、笑いたくもないが自然に力なく笑えて来る」という感じでしょうか? まあ、ひとことで言い換えるなら、「笑っちゃうよ、もう」ですかね。

「笑ける」が何故こういうニュアンスにピッタリなのか考えてみたのですが、少し心当たりがありますのでここに書いてみます。

まず、前提として「笑う」はワ行5段活用の動詞で、「笑ける」という造語はカ行下1段活用の動詞であることを押えておきましょう。

さて、5段活用と下1段活用の組合せと言えば、すぐに「可能動詞」が思い浮かびます。「泳ぐ」が「泳げる」、「書く」が「書ける」になって可能の意味が加わるのです。

ただ、全ての5段活用の動詞が、下1段活用にすることによって必ず可能動詞になるかと言えばそうではありません。例えば

矢印の右側(下1段活用)は可能動詞としても使えます。しかし、一方で「自然に・・・する」という意味の動詞としても使えるのです。

私の頭の中にこのことの印象が残っているために、「笑ける」という言葉が「自然に笑えて来る」という語感を持ってしまったのではないでしょうか。

他にも似た例があります。

上の8例は、左側がサ行の5段活用、右側がラ行の下1段活用で、矢印の右側と左側で行が変わってしまっていますが、右側の単語にはやはり「自然に・・・する」というニュアンスがあります。

「笑う→笑ける」はワ行→カ行であって上の例とは少し違いますが、行と活用が変わって「自然に」というニュアンスがつけ加わるところは同じです。

どうでしょう? この時点では我ながらよくできた解説だと思っていたのです。ところが、もう少し考察を深めてみたら、なにやら途端に複雑になってしまいました。次の例を見てください。

上の2例も矢印の右側の言葉には「自然に・・・する」というニュアンスが感じられますが、活用は下1段ではなくて5段活用です。左側も5段活用ですが、左側はガ行、右側はラ行の5段活用です。「繋げる」「ふさげる」は可能の意味しかなく、「自然に」の意味では「繋がる」「ふさがる」を用いるのです。

更に次の例。

これらも5段活用→下1段活用という組合せなのですが、ここではなんと「自然に」のニュアンスを持っているのは矢印の左側、つまり5段活用のほうなのです。右側の下1段活用のほうには、逆に「人が能動的に力を加えて変成させる」という意味になっています。つまり、今までの例と逆なのです!

これらは行が変わらずに活用だけ変化していますが、

のようにラ行5段→マ行下1段の組合せもあれば、

のようなラ行5段→サ行下1段というのもありますが、いずれも右側の下1段活用のほうが能動的な意味合いの単語で、私の仮説はもろくも崩れ去ってしまいました。

もっといろいろ例を漁ると、

なんてのもあって、これらはいずれも「自然に」のニュアンスのある下1段活用ですが、現代語では矢印の左側に当たる5段活用の動詞が見当たらないのです! うむ、ますますややこしくなってきた。

「やはり言葉というものは理屈どおりに割り切れないのかなあ」と、しばし途方に暮れていたのですが、突然ふと非常に単純なことに思いあたりました。

「笑ける」というのは実は「泣ける」の活用語尾を「笑う」に当てはめてできた単語なのではないでしょうか?
「泣けるどころか笑えてくる」──多分そういう意味ですね。

そりゃそうです。私のように文法を検討して新語を作る奴なんかいるはずないですね。
「笑う」+「泣ける」→「笑ける」。うん、それで行きましょう。長々と書いたのは全部無駄でした。
でも大切なのは考える過程です。この過程、結構楽しくなかった?

Copyrightt©yama-a Aug.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ