脳天気情報

初めに明らかにしておきますが、今回書いているのは全て受け売りです。受け売りになるから書かないでおこうと思ったのですが、どうにも気になって仕方がないので書いてみることにしました。

もう1年半ほど前のことです。私が自分のエッセイの中で「脳天気」という表現を使ったところ、旧友の野原君からメールが来ました。曰く、「間違ってますよ、『能天気』でしょ?」

私は驚きました。私は常に「脳天気」という表記を使ってました。「能天気」という表記も見たことはありましたが、世間も圧倒的に「脳天気」を使っているように感じてました。

「脳天気」には「脳の中がカラリと晴れ上がっている」みたいな、本当に脳天気な印象があります。「心の中が晴れている」のであれば良いのですが、「脳が晴れている」ところがミソなのです。

あるいは「脳天気」は「脳天」と「気」に分解することもできます。こうすると「脳天に空気が入った」みたいな感じが出ます。単に字面の印象論なのですが、私は「脳天気」という表記のそんな感じが大変気に入っていたのです。

ちなみに MS-IME で「のうてんき」を変換すると「脳天気、能天気、能転気」の3つが出てきます。他に「ノー天気」という表記を見たこともあります。一体どれが正しいのでしょう?

私は、「いずれにしても漢字の組合せであるなら一番意味が通るのはどれだろう?」と考えました。すると「能転気」でしょうか? 「能ク気ヲ転ズル(よくきをてんずる)」──「能」は can の意味です。これだと一応読み下し文風にはなるのですが、肝心の意味のほうは解ったようで解りません。

結局、野原君にもう少し調べてもらうことにしました。野原君は中国文学者なので、漢字のことなら彼に調べてもらうほうが確実だと思ったからです。

数日して野原君から返事のメールが来てびっくり。私は勝手に「脳天気」というのは昭和の末ごろにできた新語だろうと思い込んでいたのですが、なんと江戸時代の文献に既に現れていたのです。

彼が紹介してくれたHPには次の例が載っています。

宝暦四年は1754年、明和四年は1767年です。こんな古い言葉だって知ってました!?

そして、これを見ると、どうやら元々は「能天気」だったようです。
あれっ? でも、ちょっと待てよ、他にはこんな例文もあるんです。

ちなみに文化九年は1812年、文政十年は1827年です。
ここにあるのは全て「のふてんき」ですが、「能」の音読みは旧仮名遣いでは「ノウ」であって「ノフ」ではありません。では「脳」かと言えばそうでもなくて、「脳」の音読みは旧仮名遣いで「ナウ」です。

ここで一切が袋小路に入ってしまいました。どなたかこれを打開する新解釈をご存知の方は是非ともご連絡下さい。

ところで、先日何か新説が出ていないものかとインターネット上を検索していたら、「のうてんき」は「ノー・テンキー」、つまり、「PCにテンキーがついていないので計算がしにくい」という意味だと思っていたと書いている人がいました。世の中いろいろです。もちろんこの説では、何故この漢字なのかということについてなおさら説明がつかなくなります。

気になり始めると却々脳天気には生きて行けないものです。


[追記]

で、早速情報を送ってくれた人がいます。「小顔・小アゴ・プルプル唇 『私が、答えます』2」(竹内久美子・著 文藝春秋2002年)という本の236ページ以降に脳天気に関する記事があるとのこと。

でも、ここには答えはありませんでした。私と同じことで悩んでいる人がいることが判っただけ。残念でした。

Copyrightt©yama-a Aug.-Sep.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ