ウィルスに思う

  1. 「ビリー・ゲイツ!お金儲けばかりしてないでWindowsの修正をすれば?」
  2. 「ビリー・ゲイツ 一体いつになったら金儲けをやめてバグを修正するんだい?」

言うまでもなく、これは最近世間を騒がせたウィルス(正確にはワーム)「MSBlaster」に感染した時に出てくるメッセージです。

数多くの新聞やインターネットのサイトで紹介された文章ですが、日本文のほうは訳す人によってかなり表現が異なっています。

私はこれらを見て「原文ではどうなっているのだろう」と興味ムクムクになってきました。私が日本文から逆に訳すとしたら?

仮にb) のほうの訳文を採れば、まず start と stop を使って対句にするかな、と考えました。
"stop 金儲けing and start バグ修正ing" てな感じですかね。

しかし、start という単語は英語ではあまり使用頻度が高い単語ではないので、もっとこなれた表現になっているのかもしれません。

「金儲け」は何でしょう?
多分日本人が思いつかないような俗語っぽくてキツイ表現があるんじゃないでしょうか。

「バグを修正」は fix を使えば良いのでしょうか?
fix でないとしても短い単語の組合せでしょう。3音節も4音節もあるビッグ・ワードを使うと間延びした表現になってしまうから。

──と、その辺まで考えたところで答えを見てしまいました。答えは下記の通り。

billy gates と小文字になっているのは何故だか分かりませんが、Bill ではなく Billy になっているのは小馬鹿にした感じでしょうか。

Bill は William のニックネームですが、Billy は Bill よりも幼い感じになります。これは Thomas, Tom, Tommy や Robert, Bob, Bobbyなんかとも同じ関係です。もちろん大人になってもビリーとかトミーとかボビーと名乗っている人もいるにはいますが、一般的には y のついた名前のほうは少年時代の愛称という感じになります。

「金儲け」は単純に making money でした。それにしても stop making money とは歯切れが良い。
fix は合ってましたね、嬉しい。

しかし、何よりも驚いたのは、途中で一旦切れて2つの文になっていたことです。

そうか、分ければ良いんだ!
我々はついつい言いたいこと、書きたいことをいっぺんに繋げてしまおうとします(ひどい場合は関係詞まで持ち出して!)。そうすると出来上がるのは非常にインパクトに欠ける、だらけた文章なのです。

2つに分ければ活き活きした表現ができるんだ!と大いに感激していたのですが、そこでふと気がつきました──前半の文章は誰も訳してないではないか!と。

this とは何か?── this は「これ」です。
「これ」は何を指すか?
「これ」は今まさに目の前で起こっている事態、つまりウィルスにやられちゃったということじゃないでしょうか?

つまり、
"why do you make this possible ?"
=「お前は何故こんなことを可能にするのか?」
=「何故こんなことが起こるんだい?」
=「このザマは一体何だ!?」、
そう this は言うなれば「このザマ」って感じなんですね。

しかし、どうして誰も訳さなかったのでしょう?
単に私が知らなかっただけで、これを訳した報道もあったのでしょうか?

訳した人は多分 this =「(一般論として)ビル・ゲイツが金儲けに血道を上げてバグを修正しないこと」と解釈したのでしょう。そうすると、この this は次の文の内容と重なってしまうので、あえて訳さないほうが正解ということになってしまいます。
でも、私の解釈では this =「(一般論ではなく)今まさにこのコンピュータがウィルスにやられたということ」=「このザマ」のほうがしっくり来ます。

ま、いずれにしても、考えたり調べたりすると、次々にいろんなことが解ってきて、とても楽しいですね。
今回はウィルス「MSBlaster」をお題に少し考えてみました。

Copyrightt©yama-a Aug.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ