知ってますか? 解ってますか?

外国人に日本語を教えている人から、促音を教えることの難しさについて聞きました。

「そこに居てください」
「そこに行ってください」

この2つの違いが外国人には却々難しいというのです。

確かに、外国人の発音では「しています」と「知っています」の区別がつきにくいことがよくあります。こういう音と表記は日本語にしかないんでしょうかね。どんな時に促音が入ってくるのかも良く解らないようです。

五段活用の動詞が「て」と結ぶ時の原則は下記の通りです。

カ行書く→書きて→書いてイ音便
行く→行きて→行って促音便
サ行刺す→刺して
タ行打つ→打ちて→打って促音便
ナ行死ぬ→死にて→死んで撥音便+「で」
バ行転ぶ→転びて→転んで撥音便+「で」
マ行踏む→踏みて→踏んで撥音便+「で」
ラ行知る→知りて→知って促音便
ワ行笑う→笑いて→笑って促音便

つまり、サ行の動詞はそのまま連用形+「て」で良いのですが、タ・ラ・ワ行の五段動詞のケースでは、連用形にそのまま「て」をつけると古語表現になってしまい、現代語の場合は促音便になります。ナ・バ・マ行の場合は撥音便です(そして撥音便の後に来るのは「て」ではなく「で」です)。ややこしいことに、カ(ガ)行の場合は普通はイ音便になるのですが、「行く」のように促音便になるケースもあります。

「あるって」というのも「行って」と同じ例ですが、これは方言であって普通は「歩いて」です。

なんかもう少し大括りにできるような法則性がないものかと考えてみたのですが、どうやらなさそうです。大人になってから一から日本語を始める外国人にとっては上の表を丸暗記するしかないのかもしれません。

しかし、ここまで理解してもらえれば発音のほうは教えやすくなります。

「行って」「知って」は、本当は「行きて」「知りて」のはずが「き」「り」が落ちて、そこで音が詰まるのです。そう考えると1拍空いて正しい促音が発音できるのではないでしょうか?

うーん、我ながらよくできた説明だ。
でも、残念なことに、多分これを読んでいる人の中に外国人はいないだろうなあ。

Copyrightt©yama-a Sep.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ