日本語の乱れなんてぶっちゃけ、ありえない

所謂「日本語の乱れ」は日々ありとあらゆるところで指摘されています。先日あるサイトで見かけたのは「ありえない」という表現が気に入らないという指摘でした。

これから起こるか起こらないかということに対しての「ありえない」ではありません。「こういうことがあった」という話を聞いて、あるいは眼前で今まさに起こっている事態に対して、最近の若い人がよく口にする「ありえない!」です。

現実に起こった(起きている)ことについて「ありえない」と言うのはおかしいではないか、というのがその人の主張でした。

まあ、確かにそれはそうなんですが、この表現については、私はあまり気になりません。

日本語は省略の文化です。品詞が何であろうと、意味が通じる限り(正確に言えば、意味が通じるだろうと判断する限り)、何を省略しても良いのが日本語の特徴なのです。だから、「ありえない!」というのは、「(本来なら)ありえない(ことだ)!」であったり、「(普通の人なら)ありえない(のになあ)!」であったりするのだと解釈すれば何の問題もないのです。

また、言葉というものは使い古されるにつれてインパクトが薄れて行くので、常に新しい刺激を求めて新語や新しい用法が開発されるものです。そして、驚きを表わすために誇張という手法が採られるのも常套的です。

だから、「信じられない→ありえない」または「あるはずがない→ありえない」という風に言葉が「進化した」(具体的には「誇張された」)と考えれば、これまたすんなりと受け入れられます。

「足が棒になる」とか「雲をつくような大男」とか「五万とある」なんて言うのは全て誇張です。「どこが棒になったんだ、見せてみろ」なんていちいち反応するのは馬鹿らしいことです。だから、「信じられない」が「ありえない」にエスカレートしてもいちいち怒らないでくださいよ、と私は言いたいのです。


私にとっては「ありえない!」よりも最近はやりの「ぶっちゃけ」のほうがよほど気持ちの悪い表現です。誰が言い始めたのかは知りませんが、TBSのドラマ「GOOD LUCK」でキムタクが連発するのを聞いて真似し始めた人も多いみたいです。

これは「ぶっちゃけて言えば」の省略形です。「日本語は何を省略しても良いというなら、『ぶっちゃけて言えば』が『ぶっちゃけ』になっても良いではないか?」と言われればその通りなのですが、しかし、「ぶっちゃけ」ではあまりに座りが悪いのです。

「ぶっちゃけて言えば」というのは条件節です。仮定を表わす副詞節です。──そう言って解りにくければ、英語にしたら if...,です。この条件節の代わりに「ぶっちゃけ」という動詞の連用形を持ってくるのは、やはりどうにも座りが悪いのです。

「ぶっちゃけて言えば」が条件節であることを明確に表わしているのは「言えば」という「動詞の仮定形+助詞」の部分です。その部分をそっくり切り落としてしまうと、これが条件節であることが全く判らなくなるのです。──座りが悪いというのはそういう意味です。意味が通じる限り何を省略しても良いのですが、この場合は条件節であることが判らなくなるので意味は通じにくい、というのが私の感じ方なのです。

しかも、動詞の連用形というのは動詞が用言(動詞、助動詞など)に繋がる時の形です。「ぶっちゃけ」がそのままで途切れて何も続かないというのは何とも気持ちが悪いのです。せめて接続助詞の「て」ぐらいは残しておいてほしいのです。

だから、私にとっては、「ありえない」はあり得る表現であっても「ぶっちゃけ」はありえない表現だ、ということになります。

もっとも、言葉なんて意味が通じればそれで良いのですから、「ぶっちゃけ」という表現も現在はまだ単なる「流行語」の地位に甘んじていますが、これが充分定着してしまえば皆反射的に了解するようになるでしょう。そうなれば、それはそれで良いのです。

ありえない表現からあり得る表現へと昇格する訳です。


「日本語の乱れ」を指摘する人たちは往々にして言葉のダイナミズムを頑なに理解しません。言葉は変化して行くものです。そして、変化して定着すれば勝ちです。「美しい日本語」を守ろうと活動している方々に対してそこまでぶっちゃけて言うのは良くないのかもしれませんが、文法はどうやったって慣用には勝てないのです。

表現の世界では全てがあり得るのです。
そう、もし「ありえない」という表現がそんなに気に食わないのであれば、(あなたが男性だったら)こう返してみてはいかがでしょう?

女:「えっ、うそー、ありえない!」
男:「この世界では全てがあり得るんだよ」
女:「(何すかしてるんだろ? このバーカ!)」

Copyrightt©yama-a Sep.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ