ファックについて(真面目に)考える

映画「デブラ・ウィンガーを探して」を見てきました。女優のロザンナ・アークェットがハリウッド女優34人に対して行ったインタビューのドキュメンタリーです。

メラニー・グリフィス、ダリル・ハンナ、ケリー・リンチ、ジュリアナ・マルグリーズ、サマンサ・マシス、パトリシア・アークェット(ロザンナの妹)とロザンナの7人がテーブルを囲んで話すシーンで、スタジオ幹部の腐敗に対して女優たちの怒りが爆発します。

ジュリアナ「知ってる? 会議の話題は"この女優とヤレるか"よ」
ケリー「知ってるわ。有名な話よ」

ここで使われたのが fuckable という形容詞でした。

マーサ・プリンプトン、アリー・シーディ、エイドリアン・シェリーとロザンナが語るシーンでは、「女優に求められる条件として何があるか」という話題で、アリーが皮肉を込めて "Fuckability!" (字幕は「ヤレるか」)と答えてました。

ウーピー・ゴールドバーグは「オジサンだって、オバサンだってセックスをする」みたいなことを言っていて、ここではそのものズバリ fuck という動詞を使ってました(わざと下品な言い方をしたのでしょう)。

ジェーン・フォンダだったかシャロン・ストーンだったか、それともジュリア・オーモンドだったか、記憶が定かでないのですが、もう少し上品に lovemaking という単語が使われていたシーンもありました(これは「セックス」ではなく「求愛」という意味にも取れるのですが…)。


他のところにも書いたのですが、村上春樹が"The Catcher in the Rye" を訳した時に、私が楽しみにしていたのは "Fuck you!" をどう訳すかという点でした(買って読んでみると、なんのこたあない、「ファックユー」だったんですが…)。

野崎孝の訳では「オマンコシヨウ」でしたが、これは誤訳です。"Fuck you!" は罵りの言葉であって、そこにセックスするという意味はありません。日本語で「クソッタレ」と言われた時に大便を垂れ流す姿を連想しないのと同じようなものだと思います。

私は村上春樹の訳を読んで、「そうか、日本でもファックという単語はここまで定着してしまったんだ」と思いました。

そう言えば、舞城王太郎の「阿修羅ガール」の中にも、(外人の発言を引用すると言う形式ではあるけれど)「ソーゲットザファックアウトオブヒア」とか「アイムプリティファッキンファーフロムOK」なんて表現が出てきます。

米俗語ではのべつ幕なしに「ファック」が出てきます。でも、それは主に男性の発言だろうと思っていたのです。今回「デブラ・ウィンガーを探して」の中でたくさんの女優の発言に「ファック」を発見して、私は少し驚いたのでした。

野崎孝が "Fuck you!" を「オマンコシヨウ」と訳したのは間違いだと書きましたが、それは単にこれが決まり文句であるからではありません。たとえ「セックスする」という意味で使われてたとしても、これだけ女性がその単語を使っているとなると、それを「オマンコ」と訳すのはどうかと思います。

「オマンコ」となると、ひょっとすると女性が生涯一度も使わない表現かもしれないからです。ここは上記の映画のように「ヤル」と訳すのが適当ではないでしょうか? 「女性が公の場で口にするのはちょっと…」という語感が良く出ていると思います。


あまり外人と話す機会などない私ですが、実は面と向かって「ファック」と言われたことがあります。しかも、私生活ではなくて仕事の場で。

言ったのはTV番組のスポンサーである外資系企業の General Manager でした。原因はウチにあります。いや、ウチが一方的に悪かったのです。約束したことが果たせなかったのです、しかも、間際になって。悪いことにそれは億単位の取引でした。

で、進退窮まって謝罪に行きました。あまりに大きなトラブルだったので、ウチは専務取締役以下営業・編成・制作のメンバーがぞろぞろ、それに担当の広告代理店からもそれに見合うメンバーがぞろぞろ。

そういう何十人もの大会議の場で、怒り心頭に発した白人男性がその言葉を使いました。正確な表現は忘れてしまいましたが、「お前らみたいなファッキング・ピープルとはやってられん!」みたいな趣旨でした。

通訳をしていた国際部のS君はその部分を訳しませんでした。後で、「公式の場であの単語を耳にしたのは生まれて初めてです」とショックを受けてました。

その少し後で、北野武の「BROTHER」という映画が封切られました。その中で、会議の途中にたけしが立ち上がって、相手の外人たちをマシンガンで皆殺しにした後、「バカヤロウ、ファッキン・ジャパニーズなんて訳さなくてもわかるんだよ」みたいな台詞を吐くシーンがありましたが、あの時あれをやればよかったのかもしれません。

言われてみて初めて、こんなに腹が立つ表現だったのか、と解りました。


「ファック」という言葉は結構気軽に(と言うのも変ですが)やたらと挿入されたりもします。例えば上の「ソーゲットザファックアウトオブヒア」とか「アイムプリティファッキンファーフロムOK」の例がそうです(まあ、ものすごい悪態であることには変わりはありませんが…)。

そう言えば「S.F.W.」という小説がありました。これは"So fucking what?"(だから、なんだってんだ?)の略です。誰の作だか忘れてしまいましたが、悪くない小説でした。


女優たちがあえて fuckable, fuckability という表現を選んだのは、彼女たちが性の対象としか捉えられていないという忌々しさの表われではないでしょうか? そう、性の問題に限らず、世の中には文字通りファッキンな事象が溢れているのです。
この言葉がはびこるのはそのためなのではないでしょうか?

「ファック」には訳しきれない苛立たしいニュアンスが充満しています。
なんとかこの言葉を供養してやりたい──最近、私はそんな気がしてならないのです。


[註記]

私は伏字というやつがあまり好きではありません。

伏字にしても読んでいる人には解るわけで(解らないならば書く意味がない)、なのに伏字にするのはまるで「私はそんな下品な言葉を使う輩ではないんですよ」と主張しているだけの自己満足のような気がするのです(自意識過剰だと言われればその通りなんですが…)。

それで、fuck とかオマンコとかそのまま書いちゃってます。こういうあからさまな表現が嫌いな方、ゴメンナサイ。

ロボット型の検索には引っ掛かってくるわけで、それを考えると、そのまま書くのもどうか、という気もしないでもないのですが…。

それから、まさにそのものズバリを検索していてこのページにたどり着いてしまった方、ゴメンナサイ、このサイトにはお役に立てるものはありません。なのに、最後まで読んでくれてありがとう(って、そんな奴いないか?)。

[ この註記の続編を読む]


[付録]

前述の映画「デブラ・ウィンガーを探して」で初めて知った表現に"hit 40" というのがあります。「40歳に達する=40代に突入する」ことを、へえ、こんな風に言うんですね。複数の女優が使っていたので割合一般的な表現なのだと思います。

辞書で確かめてみたら、俗語扱いにはなっていましたが、"hit"の項にちゃんと載ってました。
映画って、外国語の勉強になりますねえ。

Copyright©yama-a Oct.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ