難読漢字の難しさ

国語辞典の巻末付録には大抵「難読漢字一覧」がついています。最近、この「難読漢字」って一体なんだろうと思うのです。

難読漢字は、文字通り読みにくい漢字です。では、読みにくい漢字とは何か? と言うか、何故読みにくいんだろうか、というようなことを考えてみました。

まず、見たことのない字は読めません。これは当然でしょう。従って、あまり普段目に入らない、使用頻度の低い漢字が難読にあたる可能性大と見て良いでしょう。

しかし、漢字は「つくり」や「部首」から読みを類推することができます。

例えば「鸚鵡」。

これは滅多に見ない字です。ただ、いずれの字にも「鳥」が含まれるので鳥に関係する字であることは想像がつきます。

この場合最初の字の左側は「桜」という字の旧字体の右側(=「つくり」)と同じです。「桜」の音読みは「オウ」なので、この字も「オウ」かな、と推測がつきます。

そして、2番目の字の左側は「武」です。「武」の音読みとしては「ブ」を思いつくでしょう。しかし「オウブ」では何のことか分かりません。ここで、「鳥に関係する」ということを思い出せれば、「そうかブじゃなくてムだ。これはオウムだ」と気がつくはずです。

こういう風に理詰めで読めてしまうものも難読漢字なんでしょうか?
私の辞書には難読の例として「鸚鵡」も載っているのですが、なんとなく納得が行きません。

難読

一方「挨拶」って読めますか?

たいていの人は「あいさつ」と読めますよね。でも、理詰めで読めるのではありません。単に知ってるから読めるのであって、字の部分からはなかなか推測がつきません。

しかし、私の持っている辞書では、これも「難読」です。

あるいは「磊落」。

これも「らいらく」という言葉を知っている人にしか読めません。「磊」のどの部分を見ても「石」でしかないので、類推の結果は「せきらく」にしかなりません。これは衆目の一致する難読でしょう。

では「碩学」はどうか? 「碩」は「せき」以外に読み方を思いつきませんが、これも難読一覧に入ってました。

次の例は「蹂躙」。

「蹂」のほうは「つくり」から「じゅう」と読めます。しかし、「躙」のほうはどこをどうバラしても「りん」という読みは出てきません。つまり、「蹂」は難読ではないが「躙」は難読という感じがするのです。しかし、「人権蹂躙」という四字熟語で使われている場合は「じんけんじゅう」までは読めるので、「ははあ、じんけんじゅうりん、か」と想像がつきます。それでも難読なのでしょうか。

私の辞書には「蹂躙」も難読の例として掲載されています。

どうやら、推測がつくかどうかは難読であるかどうかの判断基準にはなってなくて、ただ単にあまり見ない字は難読に分類されているようです。

でも、そんなものよりも難読だなあと思うのは、よく見る字でありながら、普段の読みとは全く違う読み方をする漢字なのではないかと思うのです。

例えば「一入」。例えば「入水」。

「入」に「しお」という読みがあるとは! 「一入」を「ひとしお」と読めるのは知っている人だけです。「感動も一入」と書いてあるのにぶつかった時、「ひょ、ひょっとして、これ、ひとしおと読むのか?」と辞書を引いてみるのが関の山です。

「入水」も同じで、これは「にゅうすい」と読みたくなるはずです。「入水自殺」という四字熟語で使われていた場合に「じゅすいじさつ」という響きを耳にしたことがある人だけが、「これをじゅすいと読むのかなあ?」という思いに突き当たるのです。

当然「一入」も「入水」も「難読」の扱いを受けています。

そう言えば小学校の時、私は「全裸」を「ぜんか」、「拙攻」を「くっこう」と読んでました。これは「果・菓・課」からの類推で「裸」を「か」、「屈」からの連想で「拙」を「くつ」としてしまったのです。
こういうのは「難読」ではないのでしょうか? 私の辞書には載っていません。

必ずしも、類推を裏切るものが難読という訳ではないようです。うーん、では、「一入」と「全裸」の差は何なんだ?

そんなことを考えていると、究極の例を思いつきました。

「人間」。

これは小学校で習って、その後数えられないくらい頻繁に目にしているので何の抵抗もありませんが、よくよく考えてみると、「人」を「にん」、「間」を「げん」と読ませるのはかなりの力技です。

「人」には確かに「にん」という音はあります。しかし、語頭にあって「にん」と読ませる例は割合少なくて、「人気」、「人形」、「人参」(これもかなりの難読だと思うのですが)、「人相」、「人足」、「人夫」くらいのもんです(最後の2つは差別的な響きがあるので最近は避けられる単語です。MS-IMEでも変換してくれません)。語頭の場合は圧倒的に「じん」と読むケースが多いのです。

「間」も、日本建築の長さの単位として「けん」という読みを使うし、直前が撥音の場合は濁って「げん」になります(「三間」は「さんげん」)。だから、他にない読みではないのですが、これもかなりレアだと言えます。

しかし、「人間」は「難読漢字」に入りません。何故か?

──小学校で習ってるから、つまり、誰でも読めるからなんですね。「誰でも読める」ものは確かに「難読」ではないですね。

同じような例として「時計」。これも今思えばすごいでしょう? なんでこれを「とけい」と読ませるのでしょう? でも、まだ疑問を持つほど漢字の知識がないうちに小学校で習ったから、何も考えずに読めてしまっています。何も考えずに読めるものを「難読」とは言いません。

考えてみれば「昨日・今日・明日」をちゃんと「きのう・きょう・あした」と読めるのも、小学校で習っているからに他ならないのです(まあ、「さくじつ・こんにち・みょうにち」とも読めるけど)。

となると、結局のところ、辞書編纂者はどういう規準で「難読漢字」の例を選んでいるのでしょうか?

思うに編纂者の主観でしょう。

つまり、「これは読めないだろう」という憶測・思い込み・見くびりに過ぎないのではないでしょうか?

そう考えると、「難読漢字一覧」は妙に挑発的なコーナーに思えてきました。

なんか、これからひとつひとつ難読漢字にトライして、「へっ、これくらい読めるぞ」「こんな例、知ってるよ」「ふん、これもちゃんと読めたよ」などと、辞書編纂者に突っかかりたい気分が沸々とわいて来ました。

多分、辞書編纂者にとっては、私のような人間は「難物」と言えるのでしょうね…。

Copyright©yama-a Oct.2003mark

[arrow このテーマの続編1を読む]

[arrow このテーマの続編2を読む]

目次へ 次号へ 前号へ