揺らぎと句切れ

最近、文章を書くとき、私は「揺らぎ」よりも「句切れ」に注意しています。

揺らぎというのは同一文章内での表記の不統一です。Microsoft Word でやると自動的に緑色の波下線を引いてくれる奴です。

例えば1行目で「コカ・コーラ」と書いておきながら12行目では「コカコーラ」と書くと、Word はすぐに反応して両方の言葉の下に緑の波線を引いてくれます。

設定によってどの程度の揺らぎを認めるか選べるのですが、一番きつくしておくと「組合せ」と「組み合わせ」、「言葉」と「ことば」、「分からない」と「わからない」、あるいは全角と半角の不統一などが全てアウトになってしまいます。ただし、「台詞」と「科白」のように、同じ単語を違う漢字で書いたケースなどはチェックしてくれないようです。

この機能自体はかなり鬱陶しいんですが、かつて私は揺らぎの排除にかなりこだわっていたので、重宝したのも事実です。

一方、句切れというのは文節の切れ目がはっきりして読みやすくなるということです。 実例を示したほうが分かりやすいでしょう。

  1. 母はやはりはやりのものがすきではないようだ
  2. 母は矢張り流行の物が好きでは無い様だ

a)とb)とを比べると、a)のほうはどこで言葉が切れているのかが判りにくく、読みづらいのです。ではb)のほうはどうかと言えば、切れ目ははっきりしているのですが漢字が多すぎると却って読みにくい面もないではありません。

私が書くとどうなるかと言えば、

  1. 母はやはり「はやり」のものが好きではないようだ

でしょうか。そこには字面に対する好き嫌いが入ってくるのも事実です。

「矢張り」を避けたのは、あまり当て字を使わないようにしているからです(ただし、例外あり)。

括弧をつけて「はやり」にしたのは、「所謂」という感じを出すためでもありますが、句切れを良くするという効果も考えてのことです。もし読み返してみて、どうしてもこの鍵括弧がしっくり来ないと感じるようなら、「母はやはり、はやりの…」と読点を打つか、あるいは語順を入れ替えたり少し違う表現に変えてみたりしてみます。

姑息なやり方としては「母はやはりハヤリの…」と片仮名にしてしまう手がありますが、私の場合はただ句切れを良くするためだけに片仮名を採用することは滅多にやりません。

「流行」と書かなかったのは、それだとまず間違いなく「りゅうこう」と読まれてしまうからです。 「流行り」とする手もあります。この場合「流行」より少し句切れが悪いですが「はやり」よりは遥かに良いです。

私が「流行り」を使わないのは、単に「漢語の熟語+送り仮名」という表記方法(他の例では「彷徨う」とか「相応しい」とか…)があまり好きではないからです。

「物」と書かないのは、私の場合、現実に実体のある物質の場合は「物」を、そうでない場合には「もの」を使うように決めているからです。前者の例を挙げれば、「たとえ対象が人であれ物であれ」などというケースでは漢字を使っています。

「無い」とか「様だ」とかを採用しないのも、こういう風に漢字だらけにしてしまうと、まるで明治時代の文章みたいになってしまうからです。

とは言いながら「却って(かえって)」とか「却々(なかなか)」とか、「所謂(いわゆる)」とか「所以(ゆえん)」とか、どうしても好きで使ってしまう単語も多いのですが…)。

上に自分自身のいろんな例を挙げましたが、漢字で書くか仮名で書くかについては各人の趣味というものがあります。それは字面にニュアンスの違いを嗅ぎ取ってしまうからなのですが、逆に言えばその違いは決して絶対的なものではありません。人によって全く感じ方は違うし、書き分けた通りの差異を読む人がちゃんと読み取ってくれる保証はないのです。

だから私は、最近では句切れを優先するようにしています。

「却々却下しにくい」よりも「なかなか却下しにくい」のほうが分かりやすければ、「所謂所持品検査」よりも「いわゆる所持品検査」のほうが意味が取りやすいのであれば、それぞれ後者を選択します。そのために文章中に「揺らぎ」が発生しても構わないと考えるようになりました。

考えてみれば「揺らぎ」の完全排除はただ単に自分の潔癖症を満足させるだけのものです。ひょっとしたら読者が気づきもしない自己満足かもしれません。それに対して「句切れ」は読者に対する配慮です。

そう考えると、なんか私も成長したような気になってくるんですが、違いますかね?

え? 区切れるどころかあきれるって?
じゃあ、これで幕切れにしましょう(最後は単なるオヤジギャグ)。

Copyright©yama-a Dec.2003mark

目次へ 次号へ 前号へ