全角/半角

今回のテーマについては、「なんでそんな細かいこと気になるかなあ? どっちでも同じじゃないか」と思う方もおられるでしょう。しかし、私にしてみれば「なんでこの違いが解らないのだろう? どうして気にならないのだろう?」という代物なのです。

インターネットのホームページ上によく登録や申し込み用のフォームがあります。必要事項を書き入れて送信ボタンを押すと管理者に情報が送られるという奴です。

そこによくあるのが「メールアドレス(半角英数)」とか「パスワード(半角英数4文字以上10文字以下)」といった表現です。私はこれが気に入らないのです。

なんでまた「半角英数」なのでしょうか?
「直接入力」と書くべきではないか、と私は言いたいのです。

「直接入力」では何のことかよく分からない。日本語なのか英字や数字なのか?──なんて言う人があるかもしれませんが、もちろん英字と数字です。なぜなら日本語は直接入力することができないからです。

日本語を入力するためには、アルファベットが書いてあるキーをカタカタと叩いて、変換キーを押して、いくつかある候補の中から適当なものを選択し、Enterキーを押して確定しなければなりません。その一連の行為によって初めて入力できるのです。

英字や数字は、IME の設定さえちゃんとなっていれば直接入力できます。
A と打てばその瞬間に A と現れます。変換キーを押しても、それが(全角の)Aや(小文字の) a に変わることはありません。数字も同じです。

登録フォームにメールアドレスを打ち込む時の動作を考えてみましょう。

私の場合は Windows + MS IME という組合せなので、まず IME ツールバーを見て「直接入力」になっているかどうかを確かめます。もしなっていなければ「半角/全角」キーを押します(昔は Alt + 「半角/全角」だったのですが、今はコマンドプロンプトに打ち込む時以外は「半角/全角」だけで済みます。このキーに「半角/全角」という名前がついていることもおかしいのですが、話がそれてしまうのでとりあえずここでは飛ばします)。それで入力する。それで終わりです。

もし、指示の通り「半角英数」でメールアドレスを打ち込むとしたら、こういう段取りになります。

まず IME ツールバーを見て「半角英数」になっているかどうかを確かめます。「ひらがな」「全角カナ」「半角カナ」「全角英数」の場合は IME ツールバーをクリックして「半角英数」選びます(「無変換」キーでトグル変換することはできません)。そして、もし「直接入力」になっていた場合もわざわざ「半角英数」に変更しなければなりません(だって、そういう指示なんですから)。次にメールアドレスを打ち込みます。このままではまだ確定していませんので、さらに Enter キーを打ってやっと完成です。

あるいは IME が「ひらがな」や「全角カナ」になっていても気にせずにメールアドレスを打ち込んでおいて、その後 F10 キーで「半角英数」に変換して Enter を押すという手もあります。

いずれにしても、そんな面倒臭いことを誰がやるのでしょう?

「何もそこまでしなくても。直接入力しても半角英数で打ち込んで確定しても見た目は同じなのだから、少ないステップで済む直接入力を選べば良いではないか?」という人がいるかもしれません。もちろん私はそうしています。ただ、フォームの記入欄の横に「半角英数」という注意書きがあるのを見るたびに、私は引っ掛かってしまうのです。

前述の通り、IME ツールバーには「ひらがな」「全角カナ」「半角カナ」「全角英数」「半角英数」「直接入力」の6つのオプションがあります。この人はその中から「半角英数」を選べと指示しているのです。「直接入力」を選んではならないと指示しているのです。これはすごく変なことです。

この人が本来言いたかったのは「メールアドレスは英語で書いてくれ」ということのはずです。ならば「直接入力」です。英語には大文字と小文字がありますが、全角も半角もありません。「全角/半角」というのはワープロ専用機の時代、そしてまだ等幅フォントしかなかった時代に日本語の表記用に考えられたものです。それがアルファベットに援用されているというだけのことです。日本語の文中に一部アルファベットを使う時のためだけの設定なのです。

この人は日本語のモードで全角のアルファベットを書かれるのが嫌だったのです。じゃあ求めていたものは「半角」かといえばそうではありません。重ねて書きますが、英語には全角も半角もないのです。

「直接入力」と書いて理解してくれない人がいると思うのであれば「英数直接入力」と書いてほしいものです。
私はすごく気になるのです。

ちなみに私の IME ツールバーは常に「直接入力」か「ひらがな」かのどちらかになっています。F6/F7キーはよく使いますが、F8/F9キーを使うことは滅多にありません。電子メールやホームページに使用できない半角カナは、たとえネット上に流通する可能性がない文章であっても全く使いません。

そう、インターネットにおける「半角」とは、本来そういう鬼子的な性格の文字なのです。「半角英数」という表現にはインターネットに対するセンスのなさを感じてしまいます。


[追記]

ウェブ上の登録フォームでごくたまにあるのが「住所(全角)」などという表記です。

この場合は例えば「○○市○○町1-23-4-506」という表記は誤りで「○○市○○町1−23−4−506」としなければならないのでしょうか? 私はいつも悩んでしまいます。

私は日本語の文中でも数字は大抵直接入力します。この場合も書いてから F9 キーで変換するのではなく、打ち込む前に「半角/全角」キーを押して直接入力モードにします。上で少し触れましたが、「半角/全角」キーというのは非常に良くないネーミングで、本来「モード切替」とか「入力切替」キーとでも言うべきものでしょう。

話は戻りますが、私が日本語の文中でも数字を直接入力するのは、所謂「全角」にしておくと桁の途中で改行されてしまう恐れがあるからです。数字が桁の途中で改行されるととても読みにくいものです。ただし、ひと桁の数字の場合だけは途中で改行される心配がないので、レイアウトの美しさから「全角」を選んでいることもあります。

日本の住所にはまず間違いなく漢字かひらがなが含まれますから、全てを半角で書くことは不可能なはずです。そこをわざわざ「住所(全角)」と指定しているのは、やはり数字や記号も「全角」のものを使えということなのでしょうか? しかし、何のために?

私はいつも悩んでしまいます。

Copyright©yama-a Jan.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ