石田さんに学ぶ(恐らく正しい音は両者の中間)

以前、エバラギ県のエシダさんについて書いたことがあります。私はこういう人は実は英語の発音がうまいのではないかなと思っています。

そう、英語における [e] は日本語のエよりも若干イに近いからです。

近年、ヒップホップ系の歌手のCDの歌詞カードを見ると、「ベイベ」と書いてあるのに出くわします。これは baby のことです。大昔は「ベビー」、昔は「ベイビー」と書いたものです。この「ビー」の部分が日本語の「イー」ほど口を横に開く音ではないぞ、と誰かが気づいたんでしょうね。

同じように、check it up を「チェケラッ」と書いてあったりします(「チェキラッ」と書いてあるケースもありますが)。これも同じです。

[e] がイに近くなるのは、必ずしもそれが弱拍部にあるから発音が曖昧にあるのではありません。元来英語の [e] は日本語のエとイの間の音なのです。例えば in と「印」は同じ発音ではありません。n の部分も違うけれど、i の部分も違う発音なのです。

外来語には耳から入ってきたものと目から入ってきたものがあります。

船の見張り台は耳から入ってきてワッチになりました。腕時計は目から入ってきてウォッチになりました。2つは同じ単語です。

「アメリカの」という単語は目から入ってきてアメリカンになりましたが、この言葉はそれとは別に「粉」の形で耳から入ってきており、それが「メリケン(粉)」です。

アメリカのレーガン元大統領も最初は文字で伝わってきてリーガン大統領候補と言われましたが、耳からの情報が追っかけてきて、大統領になる前にレーガンに訂正されました。

耳から入ってきたときに、それが当時の日本人には真似のできないような音であった場合は日本的な加工が施されることになります。sweater などは今目から入ってきたらセーターではなくスウェターという表記になっていたでしょう。

ticket は目から入ってきて、しかもティの発音ができない時代だったのでチケットになりましたが、一部にテケツという表記をした人もあります。これは tickets がそう聞こえるからです。これは上で挙げたのとは逆に、英語の[i] がエに近いという例です。

そう、日本語のイとエは英語の [i] と [e] よりも距離が離れています。[i] や [e] よりも明瞭な音なのです。

また、イとエについて言えることはアとオについても言えます。

英語の Tom はトムとタムの間の音です。body は昔は「ボディ」と表記された(もっと昔のボクシング解説者は「ボデー」と言っていた)ものですが、最近は「ナイスバディ」とか「エブリバディ」(昔なら「エブリボディ」)などと書くほうが普通です。これらは watch がワッチになったりウォッチになったりするのと同じとも言えますし、目からの英語が耳からの英語に訂正されたとも言えます。Kick the Can Crew は It's not over を「イツナロウバ」と表記しています。

ウサマ・ビンラディンとオサマ・ビンラディンとか、サマワとサマーワみたいに、外国の人名や地名の表記が新聞社や放送局によって異なるのも、どちらが正しいと言うのじゃなくて、そもそも日本語の音に当てはめようとするところに無理があるからバラツキが出るのではないでしょうか?

母音であれ子音であれ、国語が違えば構成する要素の音もひとつひとつ異なります。それを同じ要素の音で発音しようとすると概して通じない英語になってしまうのです。

私はこれはローマ字教育の弊害ではないかと思っています。違う国語を同じ文字で表わそうとするのがそもそもの間違いなのではないでしょうか? このことについて書き始めると相当な分量になりそうな気がするのでまた別の機会にします。ここまでの部分で今日はもうすでに随分書いてしまっているので…。

ああ、疲れた(英訳するとイッツ・ビーン・ア・ロング・デイ、またはツベンナロングデイ。恐らく正しい音は両者の中間)。

お休みなさい(英訳するとグッド・ナイト。でも、母はグンナイと憶えてました。恐らく正しい音は両者の中間)。

Copyright©yama-a Feb.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ