アダルト

女性はともかく男性にとっては、アダルトという言葉は少し刺激的な響きを持っているのではないでしょうか。アダルト=成人=18禁(18歳未満立ち入り禁止)と直結してしまうんですね。だから「アダルト」という表記を見ただけでちょっと興奮してしまいます。

ところが、本来の英語 adult は必ずしもそうではありません。アメリカ合衆国に行けば adult という表記は結構そこら辺に平然と鎮座しています──例えば劇場や美術館の入場券売り場に、あるいは入場券の券面に。実は私も初めて米国に行ってミュージカルのチケットを手にした時、adult という文字を発見してドキッとした口です。

そう、我々は adult という単語を見るとほとんど「成人」と訳してしまうのですが、時にはそんなホットな訳語ではなく「大人」というクールな訳語を充てるべき場合もあります。英米人にとって adult というのは別に風俗専門用語ではないのです。

知人のA氏が初めて米国に行った時の話。
A氏は日本人としてはそこそこ英語のできる人です。NYかどこかのホテルにチェックインしてTVをつけてみると、まずはチャンネル案内の画面が出ました。そこには当然英語でいろいろと説明の文章が書いてあるのですが、A氏の目に飛び込んできたのはまず adult という文字でした。

A氏は「恥ずかしながら興奮した」と語ってました。「ほう、さすが、ポルノ解禁の本場アメリカではTVでモノホンが見られるのか!」と感動したとも語ってました。次にA氏の目に飛び込んできたのは、なにやらボタンを押せという意味の英文でした。A氏は震える手で、ほぼ条件反射的にリモコンのボタンを押しました。

すると、画面に次なる説明文が…。

A氏が正気を取り戻してちゃんと文意が取れるようになったのはその文章からでした。曰く、「これでこのTVでのアダルト番組選択ボタンはキャンセルされ、もう見ることはできません」。つまり、これはアダルト番組を見るためのボタンではなく、キャンセルするためのボタンだったのです。

「もしキャンセルを取り消したいのであればフロントまでご連絡下さい」という文章も添えられていたのですが、二重の意味で恥ずかしくて連絡などできず、A氏は夢果たせぬまま帰国したのでした。

これなんかは、アダルト=18禁のケースなので意味としてはその理解で良かったのですが、adult という文字面に興奮してしまって、意志に反する選択をしてしまったという、なんとも微笑ましい例です。

未成年の頃、大人の目を盗んで18禁のコンテンツを見ては興奮していた、言わば「幼児体験」が身体に染み付いてしまっているんですね。

「何を馬鹿なことを。そんなもの俺は卒業した」とおっしゃる男性もおられるでしょう。そういうあなたはとても「大人」です。

青春を抜けきれない、いつまで経っても adult になりきれない男だけが、adult という言葉に興奮してしまうのかもしれません。

Copyright©yama-a Feb.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ