風俗の表現力

ウチのマンションの郵便受けにも所謂ピンクチラシ(これはもう死語か?)がよく入っています。

なになに、デリへル? ふむ、これはデリバリー・ヘルスですね。
で、デリバリーは配達、ヘルスは健康、と普通に訳して行くと、これはもう何の意味だか解りません。

そもそもデリバリー・ヘルスはファッション・ヘルスから派生した言葉で、ファッション・ヘルスは元々はファッション・マッサージと言ってたはずです。

「マッサージ」は、まあ、実態に近い表現。「ファッション」は実態をカムフラージュするための表現でした。ところが、確か普通の(普通のと言うのも変ですが)マッサージ業者の団体からクレームがついて、ファッション・ヘルスに改称したはずです。

この辺りはトルコ政府からクレームがついて「トルコ風呂」が「ソープランド」に改称したのと似ています。

それにしても何ともソフトな名前をつけるもんです。ソープランド、石鹸の国ですよ。

考えてみれば、名が実態を表わすことのない、なんとなく耳ざわりの良い小綺麗な名称をつけるのが、ここのところの風俗関係のはやりのようです。その結果、逆にファッションとかソープとか聞いた途端に風俗を連想して、流行や石鹸のことだとは思わないカラダになってしまいました。

同じ風俗関係でも成立の古い言葉、例えば売春宿、連れ込み旅館、ストリップ劇場、ピンクサロン(ピンサロ)、ポルノ映画、エロビデオなどは、本当にそのものズバリの正々堂々とした名称でした。ところが、近年にできた言葉、例えば先ほどのソープランド、ファッション・ヘルス、イメージ・クラブ(イメクラ)、あるいはアダルトビデオなんかも、(もしもそんな人がいたとして)全く無垢な人が名前だけ見ても風俗関係とは判らない姑息なからくりになっています。

まあ、アダルトビデオなんかは比較的想像がつきやすい(発想としては「大人のおもちゃ」と一緒)ですけどね。施設名がカムフラージュを図るのは近隣住民の批判をかわすという狙いもあるのでしょう。

連れ込み旅館がラブホテルになった(セックスを愛にすりかえてしまった!)のも人聞きの悪い名称を避けるためだったのでしょう。

「何を卑俗なことをくだくだ書いているんだ(しかも前回に引き続いて!)」というお叱りを受けるかもしれませんが、公平な立場で見て、こういう業界の表現力って非常に高いなあと感心しませんか?

昔のポルノ映画の題名もそうでしたが、やはり創意工夫のあるところで表現は研ぎ澄まされて行くのです。私はいつも思っています──うむ、端倪すべからず、風俗の表現力、と。

Copyright©yama-a Mar.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ

[追記]

そう言えば「風俗」という言葉も元々は「世間で行われている生活上のしきたり」という意味だったはずです。これがいつフーゾクになったのでしょう? 「風俗」は「風俗営業」の略ですが、何故フーゾクが風俗営業なのかはよく解りません。

まあ、世間で行われている生活上の一種のしきたりめいた部分もあるにはあるけれど、風俗になっていない(なりきっていない)サービスのほうが客に受けるのではないでしょうか?

大きなお世話か?