とんでもないブタ話

BSEで輸入牛肉が手に入らなくなり、巷では牛丼ならぬ豚丼なるものが登場しました。

しかしこの「豚丼」、どう読みます?

「牛丼」がギュウドンだから、それにあわせれば「豚丼」はトンドンなのですが、どうも巷ではブタドンのほうが圧倒的に優勢のようです。ギュウドンだからトンドンという風に単純に行かないところが言葉の難しさ/面白さであって、そういうことを私は何度も書いてきたのですが、しかし何故トンではなくブタという音が選ばれたのか少し考えてみました。

まず、トンドンとブタドンとどちらが発音しやすいか、どちらが語呂が良いかということを考えてみたのですが、そういう意味では多分誰が考えてもトンドンの勝ちでしょう。にも拘らずブタ丼が定着しようとしているということは、それを上回る大きな理由があるはずです。

英語では、ox や cow に対する beaf、pig に対する pork みたいに、動物を一般的に指す場合と食肉として指す場合で言い方が変わったりします。

日本語には beaf や pork のような便利な単語はないようですが、しかし、我々が動物として牛を指す場合はウシ、食物として言う場合はギュウと読むのが一般的なようです。

牛乳、牛ロース、牛ミンチ、牛タン、牛モツ、「この肉はブタ? それともギュウ?」等々。

ではブタはどうか? あんまりはっきりしません。豚カツ・豚足などはトン、豚ロース・豚耳・豚キムチなどはブタ、豚汁は東日本と西日本で別れるのかもしれませんが、トンジル/ブタジル両様の読みがあります。関西には豚まんなる食べ物があり、これはブタマンと発音されますが、関東ではこれを肉まんと呼びます(以前も書きましたが、関西では豚肉のことを肉とは言いません)。

では、そんな中で、豚丼においては何故ブタという音が選ばれたのでしょう?

思うにギュウと言えばウシのことだとすぐ解るのに対して、トンと聞いて豚という字を思い出すのがそれほど容易ではないからではないでしょうか。因みに手許の漢和辞典を引いてみると、ギュウと読む漢字は「牛」1字しかないのに対して、トンと読む字は30個以上あります。まあ、30個以上ったって普通に思い出せるのは数個でしょうが、それに加えて重さの単位トンを思い出す可能性も排除できません。

それを考えれば、トンドンよりもブタドンのほうが分かりやすいということでしょうか。

などなど考えていてハッと思い至ったのですが、牛肉はギュウニク、豚肉はブタニクです。ならば牛丼はギュウドン、豚丼はブタドンが自然です。

なあんだ、馬鹿みたい。悩むことなかった。

しかし、今度は何故「牛」だけがウシとギュウという風に割合きれいに使い分けられているのかが気になってきました。ふむ、悩みは尽きない。

Copyright©yama-a Mar.2004mark

目次へ 次号へ 前号へ